スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この景色がクセになる!@谷川岳 西黒尾根

2012年09月18日 01:27

最近、お山関係の話題ばかりですが…実際、ここの所、休日のお遊びは山ばかりなので…

で、今回は7月に予定しながら、尾瀬に変更となった谷川岳に行って来ました。
谷川岳は昨年初登頂して(と言っても昨年はトマの耳止り)今回2回目。コースは前回同様、西黒尾根。


出発前、ココで登山届けを提出します。天気なども一緒にチェックして出発~♪


入山後しばらくは、見晴らしの悪い森林地帯を歩きます。
日差しが遮られていて、日焼けの心配はないけど、湿度が高くて蒸し暑い!
斜面もなかなか急で、ちょっとうんざり。。。
こういう時、いつも思うんですよね…

どうしてこんなトコ来ちゃちゃんだろ?
何で山なんか登ってるんだろう?


って…

ホント、何で山なんか登るようになったんだろう??

そんな事を考えながらも足を進めるとやがて視界は開け青空が!


お待ちかねの稜線です!

時々ガスが掛かるけど、お天気は概ね良好!日頃の行いが良いからかしら?

「ラクダの背」や「ザンゲ岩」などと言う不思議な名前の場所など、この辺りからは、綺麗な景色が満載!
そして、数カ所の鎖場やがれ場の連続でスリル満点!







厳剛新道との合流点。私は確認しませんでしたが、このプレートの裏側は慰霊碑になっていたそうです…谷川岳、魔の山と呼ばれることもあるそうな…


歩いてきた尾根が遥か向こうに…
あんな細いところ、よく歩いてきたなぁ。。。


余裕かましてますが、、、ヘロヘロです


双耳峰が見えてきました!
「トマの耳 」「オキの耳」ってどういう意味?ってダンナさんに聞いたら、
「入口(とば口)」と「奥」っていう意味らしいよー
と調べてくれました。

ほう。では何故に「ザンゲ岩」?



そんな事を言っているうちに何とか一つ目の耳に到着!
前回はココで疲労困憊だったけど、今年はまだ余裕あり。アグン山、富士山のお陰?

次いで「谷川岳頂上」と記されたオキの耳も制覇♪


ただ、この辺から雲行きが怪しく…
あんなに良いお天気だったのに!

お昼ごはんを食べ終えたところでとうとう雨が。雨の中、大渋滞の天神尾根を下山し無事地上に到着~

さすが三大急登。ハードな山行でしたが、良い景色が見られて楽しかったです♪


ただ…筋肉痛は富士山の時より辛い
岩に張り付いたりしてたから。。。かしら??
スポンサーサイト

夏の一日@八ヶ岳&明野

2012年09月15日 12:51

8月のとあるある日、Lilyanと親戚の子のWりー(親戚の子もリーちゃん♪)を連れて、八ヶ岳へ行ってきました。
八ヶ岳と言っても、メインは川俣渓谷のショートトレッキング。
清里の有名スポット「清泉寮」脇からスタートです。
(こちらの「川俣渓谷への小径」のコースです♪)


渓谷なので、こんな川沿いを歩きます。
途中のような橋もあったり



所々足場の悪いところもありましたが、Wりー共に元気いっぱい!

橋の袂では記念撮影


山ごはんはお得意のペンネ


3時間くらい歩いて、清泉寮に戻りました。トレッキングの〆はもちろんソフトクリーム

その後はリーちゃんの希望で、サンメドウズへリフトを乗りに♪





夏のリフトなんて初めてでしたが、景色が良くて楽しかったです
しかもJ○Fカードでの割引もあってお得感も♪

しかもこちらのリフト、ワンコもOK!
もちろんLilyan、初リフトです!(と言うか…Wりーとも初?)



帰りはワンコOKのお店(カフェレストラン 睦)で冷やしほうとうを頂きました。
こちらも初めてのメニューだったけど、さっぱりしていて美味しい


順序が逆になってしまったけど…清里に行く前に明野のひまわり畑に寄りました。


一面のひまわりと…

ひまわりムスメ!


楽しい夏の一日でした!

日本一!@富士山

2012年09月12日 21:05

“今更”のネタではありますが…
今日、富士山に初冠雪、というニュースを聞いて、思い出しました。

富士山!

この夏も日本一の場所に行ってきました。
バリで一番高い所に行ったので、地元(?)の一番も抑えておかなきゃね!

今回で4回目。
そして、今回は始めての夜間登頂に挑戦!
ルートはコレも初めての富士宮口から。

20時頃出発し、登山口についたのは22時頃。
そこで暫く高度に体を慣らしていざ出発!

風もなく穏やかな天候。これはご来光も期待出来る?
眼下には街の灯りもくっきり。


比較的スムーズのはずが……
高度を上げるごとに吐き気が出現して、、
やっぱり富士山は一筋縄では行きませんね

休み休み登り続けましたが、結局ご来光には間に合わず

でも、9合5尺からご来光を拝めました。(なのに写真がない~何故なら、吐き気と闘うのに必死で写真を撮る気力がなかったから 涙)

…と思ったら、写真がありました!いつ撮ったのか覚えてないけど…(汗)
304544_305709429528238_939339487_n.jpg


お日様を浴びてちょっとだけ元気になったので、頑張って頂上まで行きましたよ!

頂上は稀に見る快晴!
アグン山も快晴だったし、今年はお天気に恵まれているな~



ほらっ!影富士もこんなにくっきり!

この頃には体が慣れてきたのか吐き気も収まり、初のお鉢巡りをしてきました。
今回は初めて尽しだわ~

そして!
日本で一番高い場所に到着~


お日様背負って、、、後光がさしてるみたい?

この後は、砂走りを通り、宝永山を経由して下山しました。



まるで火星みたいな風景でしょ?って、、、火星行った事ないけど

12時間以上を歩き続け、お昼すぎに富士宮口に下山。

振り返ると、さっきまでいた山頂がクッキリ!

辛かったけど、やはり富士山登頂は楽しいですね~
来年もまた挑戦するぞ~!

なつがく~れば~♪(@尾瀬ヶ原)

2012年07月22日 07:54

思い出す~
遥かな

尾瀬♪

と言うことで、先日、初☆尾瀬ヶ原を体験してきました。


夜中のうちに東京を出発し、駐車場のある戸倉に着いたのは6時過ぎ。(って、車中はほとんど寝て過ごした私。。。皆さんごめんね~)
マイカー規制の期間中の為、戸倉からタクシーに乗り換え出発点の鳩待峠に着いたのは7時ごろだったかな?
平日にも関わらず、20名くらいの方が既に居りました。

鳩待峠から1時間くらい森林の中、木道を下ります。
お喋りしながら余裕の足取りで降りて行くと、やがて山の鼻ビジターセンターに到着。
尾瀬ヶ原の入り口です♪

木道をずんずん歩いていくと、地塘が沢山出現。本などで見た尾瀬らしい風景です!
2012071901.jpg

2012071904.jpg
雲の多いお天気で、なかなかてっぺんを見せてくれなかった燧ケ岳ですが、
一瞬雲が切れて全貌を拝むことが出来ました♪
次は燧ケ岳か至仏山登りたいな。。。

2012071903.jpg

2012071902.jpg
ニッコウキスゲ、アヤメの花も満開!

東電小屋のそばにはこんなにキレイな川もありました。
2012071905.jpg

山の鼻、牛首分岐、竜宮十字路、ヨッピ川…と尾瀬ヶ原にはなんか可愛い地名が多い。
何故でしょう??

時間はたっぷりあったので、見晴まで行って、赤田代→ヨッピ橋→牛首分岐と、湿原をざっと一周してきました。
全行程約20Km。
本当は三条の滝まで足を延ばしたかったんだけど、お昼ごはんにゆっくり時間を取りすぎて…(笑)

さすが人気の場所!
キレイなところですね。尾瀬。
こんどは 違う季節に、違うコースを楽しみたいと思いました。

ご一緒して下さったN先生、A君、Yちゃん、Mさん、そしてダンナさん、いつもありがとう
次は日本一のお山、行きましょうね~

オマケは強力(ごうりき)さんの後ろ姿。
尾瀬の風景の一部になっていて、お気に入りの一枚です
2012071906.jpg

Amanに惚れたぜっ! 2010年6月。。2

2010年06月22日 00:17

Amanpuloの予約は、Amanresortsの予約課に直接。
日本人スタッフの方が数名いらっしゃって、全てにおいてとても親切且つ迅速。
さすがAmanだ…伊達に高い料金取ってない。と、こんなところでも感心&感激しっぱなし。
同じく人を相手にする仕事に就く者として(職種は違いますが)、学ぶことが多々あります。

話が逸れました。

Amanpuloへは、マニラから専用機で約1時間。
噂に名高い『赤じゅうたん』は赤ではなくて『青』だったり、
ラウンジまでの行程&ラウンジでは若干『』と言うことも、正直ありましたが…

思うに、AmanpuloはAmanresortsの中でもカジュアルなランクに位置付けられているのでしょう。
ゲストもファミリーが多いし、平均年齢も若そう(って、jiwoとpuloしか知らないのに、偉そう!)だから、
きっと気楽なサービスが好まれるんじゃないかなぁ?

でもねでもね、気楽って言っても、ちゃんと押さえるところは押さえていますよね。
何をお願いしても、満面の笑顔で「O.K!」
これって、なかなか出来ることじゃないですよねー

ターンダウンの時サービスされたフィリピン伝統のお菓子。
偉く気に入ってしまったので、是非お土産に持って帰りたい!とお願いしたら、
チェックアウト前日の夜、どっさり(数にして120本!)作ってくれました。

まあ、こんなことは、当たり前。ですが…

旦那さんのお誕生日。
折角だから、スペシャル・ディナーを日本からオーダーしていきました。
人と同じが嫌な私ですから…ホテルで準備している『スペシャル・ディナー』のメニューじゃなく、
私たちだけのメニューを、しっかり予算も伝えて作って頂きました。

滞在時間が短かったので、あまり我儘は言えなかったけど、
でも、言った我儘は、殆ど全て応えてくれました

だから皆好きになるのよねー

DSCF0188.jpg

↑もちろん、こんなステキな風景も、夢中になる要素のひとつですが。

Amanに惚れたぜっ! 2010年6月。。1

2010年06月21日 23:30

パマリカン島から帰国して、早いものでもう2週間。。。
やっと現実の世界に戻ってこれた、かなぁ?

それくらい、素晴らしかったですAmanpulo
RIMG1362.jpg
サービスの質が落ちたとか、
海の美しさが落ちたとか、
お料理がイマイチとか、
色々言われておりますが、

やはり、世界のAmanは凄かった!

何が凄いって、まず筆頭にロケーションの美しさ!
昨年のAmanjiwoのロケーションも感激しましたが、
このAmanpuloのあるパマリカン島は、本当に美しい。
バリ島の、、、
しかもサヌールの海しか知らない私、こんなに美しい海&砂浜、初めて見ました。
バリの海もキレイだけど、色の美しさはこっちの方が数段上ですね!

エメラルドグリーンからコバルトブルーまで。
「誰が海にバスクリン入れたの?」って思わず言ってしまったくらいです。
(バスクリンって…

バリへ行く道中、フィリピン上空でいつもこの海を眺めていて、
「いつか機会があったら、この海を間近で見たいねー」
っていつも言っていたのですが、まさか、こんなに早く実現するとは…

切っ掛けになったのは、昨年のAmanjiwo。
Amanjiwoの全てにおいてイチコロになってしまった私。
帰ってくるなり、何時になるか分からない次のAman訪問を悶々と思っておりました。

そんな中舞い込んできたのが、コンチネンタル航空のメール。
マイル残高を知らせる内容と、アライアンスが変更になると言う通知。

バリに行こうと貯めていたマイルだけど…
デンパサール便は廃止になったし、中途半端に残しておいても仕方ないし、さてどうしよう?
かといって、グアムって気分じゃないしなぁ。他にどこに行けるかなぁ?
ん?フィリピン?フィリピン行けるのー?

フィリピンと言えばAmanpulo!

思い立ったら、私、行動早いですよー!
折角行くなら、旦那さんの誕生日を絡めた日程で(私の誕生日はバリで過ごす予定だから
チケット手配から予約まで、多分1週間は掛からなかったと…。
そう、実は昨年の10月のうちに、このAmanpulo行きは決定していたんですー


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。