スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネでお洒落する!?

2007年07月31日 22:42

メガネをお洒落のアイテムにしている人って結構いると思う。
私は、幸か不幸か、メチャクチャ視力が良いから、メガネのお世話になる必要はないんだけど、でも、時々、やっぱりお洒落アイテムの一つとして、伊達メガネをかけることもある。
だって、イメージ変えられるじゃない?(笑)

そんなお洒落アイテムとして大活躍しそうなメガネを発見!
Zoff 50 colorsという物で、何と50色ものカラーバリエーションを揃えるメガネ!
お値段も、フレーム+レンズで5250円!と言うから、本当にファッションのアイテムとして揃えられますよね~
ちなみに私が気に入った色は『28 Ash Gray Beige ★』と言うもの。
フレームはアッシュ系で、アーム部分が水色なの!
コレって、レンズを色つきとかにしてくれるのかなぁ?してもらえるんだったら、ドライブの時とか、使えるんだけどな。。。

そうそう、このシリーズはコラボもしているらしく、購入者には「EYESCREAM×AYUSE KOZUE×Zoff」のスペシャルリーフレットをプレゼントしているようです。
ご興味があったら、是非Zoff 50 colorsへ♪
スポンサーサイト

ワーホリ準備用の語学留学だって!

2007年07月31日 22:30

バリから帰ってくるといつも思うことがある。
それは、、、もっと英語が喋れたら良いのに!と言うこと。
宿泊先が、毎回同じところだから、最近は本当にホテルのスタッフ皆と顔馴染みで、だから、皆気さくに話しかけてくれるのに、哀しいかな、英語が不得手だから、会話が盛り上がらない。。。
そんなコトを思いながらサイトをウロウロしているから、こんなサイトに出会うんだろうなぁ。

サウスパシフィックフリーバードと言うサイト。
ワーホリの準備としての語学留学先を斡旋してくれるサイトらしいけど、別にワーホリが目的じゃなくて、単に語学力を高めるために利用しても良さそう。渡航先はフィジー。もちろんホームステイも可能。

今現時点では、本当に夢の域を脱しないけど、仮に何かの機会に恵まれて、大好きなバリ島で暮らせることになったら、、、あの穏やかな空気の中で、直ぐ意固地になってしまうこの性格を、穏やかに柔らかに変えられる機会に恵まれるとしたら、、、そのためには、やはり、英語くらいは自由に操りたいよなぁ。

うーん、、、夢のような話なんだけど、なまじ、費用とかは現実味のある実現可能な金額だったりするから、、、困った!(一体何に困った!?笑)

水からはじめるエコ

2007年07月28日 22:49

エコ・ブームとも言えるくらい、エコに関する関心が高まっている今日。
私も、ささやかながら、マイバッグをなるべく持ち歩いて、レジ袋を辞退したり、歩ける場所へはなるべく歩いていって、近所の場合、車には極力乗らないようにしたりしているんだけど、、、
でも、実はスゴク身近なところで、エコと反する行為をしていたりするんですよね。

それはミネラルウォーター。
コーヒーはミネラルウォーターで淹れているんだけど、そのミネラルウォーターはペットボトル入りのもの。だから、飲み終えるとゴミ箱へ。。。
コレって、全然エコじゃないんですよねぇ。
よくスーパーとかでボトルを持参して水を入れるシステムがあるけど、面倒臭くて、ついペットボトル入りのものを購入してしまう。
うーん、、、良くない。。。(汗)

実は、大好きなバリ島には、飲料水を宅配する業者がいて、(バリでは水道水は飲めないから、飲料水が入った大容量のタンクを売り歩く業者がいるんです!)いつもそれって便利なシステムだな、と思っていたんだけど、日本にもあったんですね、そう言うシステム!

『アクアクララ』と言うもので、専用のウォーターサーバーを使って水を宅配してもらえるシステムらしいです。そのウォーターサーバーはリターナブルボトルを採用していて、リサイクルにも一役買っているらしいし、便利なのにエコ!でとっても魅力♪

こういったサービス、これからももっと増えて欲しいですよね。

父親たちの星条旗&硫黄島からの手紙

2007年07月26日 23:03

クリント・イーストウッド監督の2部作品で、公開中から興味があったのだけど、何となく見逃していて、先日やっとDVDをレンタルして観てみた。
一応、公開順に『父親たちの星条旗』→『硫黄島からの手紙』の順で。

まず『父親たちの星条旗』の方。
うーん、、、要所要所ではハッとする場面もあるんだけど、全体的には感情移入出来ないというか、私にとっては、あまり面白い作品ではなかった。
ただ、政治家に良いように使われる兵士が哀れと言うか…彼らは一体何の為に命を張ってきたんだろう?と思うと、哀れで、改めて戦争の残忍さを考えさせられた。
でも、この手の作品を観ると、いつも思うんだけど、米国は自分の領土が戦火に巻き込まれた経験がないからか、戦時中でも、どこか他人事と捉えているような気がしてならない。もちろん兵士の家族は他人事なんかじゃないんだろうけど、日常生活が脅かされている、と言う危機感は感じられず、それがかえって腹立たしい。

『硫黄島からの手紙』は、役者は日本人がメインだけど、でも、邦画じゃないんだ、と言うのが率直な感想。
何が?と聞かれると答えられないんだけど、でも、スゴイ違和感があった。
ラスト・サムライなどに比べると、失笑してしまうような無茶苦茶な設定はないんだけど(このあたりはスタッフは良く調べたと思う)、でも、どこか描写に違和感がある。
特に、渡辺謙氏の演技。良いとか悪いとか、そういうコトではないんだけど、「ああ、だから彼はハリウッドでうけたんだ」と納得出来る演技。日本人ぽくない…と言うのかな?上手く言えないんだけど。(汗)

内容的には硫黄島の方がやはり日本人だからか、理解はし易かったけど、、、心に残る作品か?と問われると、私的には“否”と答えてしまうなぁ。悪い作品ではないんだけど、純粋に好きじゃないみたい(汗)

でも、戦争ものにありがちな『どちらかが悪』と言う描写は一切せずに、あくまでも中立に、双方からの目線での戦争ものって、初めての試みだと思うし、そういった点ではとても価値のある作品だと思いました。



@niftyのはみだし企画!

2007年07月26日 22:33

またまた変な企画発見!
「ニフニフ動画」の『教えて?nifoo』と言う動画投稿コンテストなんだけど、
「ふだん、あなたが不思議に感じていることや、疑問に思っていることを動画に撮って」投稿するこの企画、
かなり不思議です!

疑問、、、と言うより不思議で可笑しい!!
あ、疑問も、、、あるかも?
って言うか、どうやってそんな動画見つけたの?どうやって撮ったの??と言う疑問の方がわいてくる。
もう良く分からない!不思議で面白すぎて、、、動画の疑問にコメントで回答出来るらしいのですが、コレもまた珍回答!?
とにかく、変な企画です。
でもって、優秀作品には超豪華賞品が当たるらしくて…だから余計に不思議な動画ばかりなのかも?
どう不思議なのかは、どうぞ教えて?nifooで確認してみて下さい!


ちなみに、私の中のNo.1は↓です!!

ひこにゃん、、、かわいい

老舗デパートの通販

2007年07月26日 22:13

私は下戸でお酒は嗜まないんだけど、、、でも、本当はお酒を眺めるの、好きなんですよね。
眺めると言っても、お酒のボトルなんだけど。
だって、すごくお洒落なものが多くて、飲めないくせに、ワインのボトルなんか、部屋に飾っていたりするの。
飲めないのが、ホント残念なくらい、お酒のボトルを眺めるのは好き!
で、この季節はご贈答としてお酒を選ぶことが多いから、ついサイトやカタログなんか見入ってしまうんだけど…
そんな中、目に止まるのは焼酎。
タカシマヤ通信販売だったりするんだけど、(タカシマヤ通信販売の会員なので、よくサイトをチェックするの♪)
今、サイト内でお酒セレクションと言うコーナーがあって、日本酒・焼酎が多数扱われているんだけど、中でも宮崎産の焼酎がすごく個性的なボトルのものが多くて、飲めない私でも眺めているだけで楽しい!
今度は宮崎の焼酎をご贈答に選ぼうかな?なんて思ってしまうほど!

タカシマヤ通信販売って、流石老舗デパートの通販だけあって、上質なものの品揃えが豊富だから好きなんですよね~
ついつい、自分用にフードを買ってしまったり♪(笑)

だって、食べたくなっちゃったんだもん。

2007年07月17日 23:21

イキナリ、なんですが…
なんか、時々無性に宅配ピザが食べたくなるコトって、、、ないですか?
イタリアン・レストランのピザ、じゃなくて、バイクで家まで持ってきてくれる、あの『宅配ピザ』!

ちょっと前なんかは、それでもメニューとかが手元にないと、電話番号も、オーダーしたい品目も分からなかったから、何となくやり過ごしていたんだけど、
でも、最近はケータイサイトからも注文出来たりして、文字通り、いつでも、どこでも、オーダー出来るんですよねぇ。

アレ?ってコトは、花火を観ながら、、、なんていうのも、可?
それって良いかも♪花火大会の時って、近くのコンビにも激混みだし、出店も行列…そんな最中、宅配ピザが利用出来たらスゴイ便利かも~(笑)
でも、実際のところ、可能なんでしょうかね??

と疑問に思った私、ちょっと調べてみました。(笑)

おお~っ!スゴイ!!
チェックしたのはドミノピザのサイト。
『配達場所が特定出来て携帯電話などへのご連絡が可能であればお届けいたします。』と。但し、配達出来ない場合もあるから、店舗に要問合せとありました。
ついでに、、、このドミノピザではモバイルオーダーすると、全商品、5%Offになるらしい!
もう一個ついでに、期間限定の『チーズメルト』なるものも見つけてしまった!コレがなかなか美味しそう♪


あ、、、何だか本当にピザが食べたくなってしまった!
どうしよう、サイト見ているから、そのままネットからもオーダー出来ちゃうし、、、困った。
夜中に宅配ピザのサイトなんて、見るんじゃなかった。。。(涙)

☆07’Bali 番外編☆

2007年07月10日 21:12

とーっても楽しい旅行♪
荷物を用意するところから、既に旅行が始まっていると言っても過言ではないですよねぇ。
でも、この荷造り、楽しい反面、私、いつも悩んでしまって、
えらく時間を食ってしまうので、自分のメモ的意味も含めて、

~持って行って役に立ったもの、立たなかったもの!特集~

まず
役に立ったもの
一般的なものじゃないけど、何回か旅して得た必需品★

今年、一番のHit商品は風呂敷
大中小3枚の風呂敷を持っていったんだけど、どれも役立ち度バツグン!

シビラの大風呂敷は機内へお持込。
バッグに入りきらなかった、免税店で購入した化粧品とか、雑誌、
それに羽織っていたパーカーなんかを全て風呂敷バッグの中に入れて、ターミナル内を持ち歩いていました。
今回はグアムで乗り継ぎがあったから、特に重宝!しましたよ~

中・小の風呂敷は、スーツケースの中では、衣服とかを包んでおいて、
帰りは壊れ物のパッキン用に。
滞在中は、小風呂敷で作ったバッグを、お散歩の時とか、お食事の時に持っていって、
中風呂敷のバッグはちょっとしたお買い物の時、
大風呂敷のバッグは、お土産とか、気合を入れたお買い物の時用に、と、使い分け。
特にお食事の時、バッグの置き場所って結構悩むけど、風呂敷バッグならどこにでも結わけるから、椅子の肘掛けとかにちょこっと結んでおけて、ホント、重宝!!

私が購入したのはこの柄↑じゃないけど、こんなモダンな柄なら、全然風呂敷には見えないですよね~
(私が持って行ったのは↓の風呂敷!評判良かったですよぉ)

ちなみに、風呂敷バッグの作り方は↓のサイトに分かりやすく載っています♪
http://www.kakefuda.co.jp/furoshiki/wrapping.html【京都 掛札】

お次はビキニタイプの水着パット付パットなしのタンクトップサロン(パレオ)。
まあ、バリに行ったんだから、水着は持って行って当然のものだけど、ビキニタイプは、下着代わりになるから、重宝します!
ブラジャーは1枚だけしか持参せず(オイオイ…)あとはビキニとパット付のタンクトップ、腰にはサロンをお洒落に巻いて、切り抜けました!
特にサロンはバリ島では寺院に入るときに必要なもの。
帰りのパッキンとか、ビーチなどでも重宝するから、一枚持っていっても損はないと思います~
まあ、あちらで気に入ったものを購入しても良いかな?
この3点セットがあれば、あとはロングパンツ1枚と薄手のカーデガン、カットソー1枚くらいで事足りる。。。かな?

お後は、柿ピー。ハイ、お菓子の柿ピーです。
自分のおやつ用にするも良し、でもね、一番の目的は『oleh oleh(お土産)』
私が出会った人たちだけかもしれないけど、柿ピーはバリ人皆好きです!
「へぇ~お米から出来てるんだ。おお~スパイシーっ!!エナッ!(美味しい)」って感じ(笑)
だから、ちょっとした時の話題作りと言うか、そんな感じで、柿ピーを小袋1個ずつ配っていました。

後は、ジップロック(ジップバッグ)かな?
液体物の持込用に必要なんだけど、それ以外にも10枚くらい持って行っておけば、液体をスーツケースの中に入れるときとか、水漏れ防止に便利。
かさばるものじゃないし、余計に持って行っても良いと思います。

役に立ったもの、、、ざっとこんな感じかな?
ホントはもっといっぱいあるような気がするけど、いざ書き出すと、あまりに下らなくて……

と言うことで、お次は
役に立たなかったもの

んん~そうだな、沢山あるけど、重たい割りに必要なかったものの代表は、シャンプー、リンス、ボディーソープの類。
特にボディーソープは、バリ島にはビオレやラックス、ダブなど、日本でもお馴染みのものもあるし、しかも日本より種類が豊富で安い
持って行く位なら、あちらで、色々な香りのを購入した方が楽しい!です。
あ、でも、コレはあくまでも私の視点の物。
絶対コレじゃなきゃダメ!と言う銘柄をお持ちの人は、ちゃんそれを持って言ってください。

それから、おしゃれ用のヒール靴(特にピンヒールの類)。
すっごい高級なホテルやレストランでお食事をするんだったら、もしかしたら必要かもしれないけど、バリはとにかく道が悪い!
そんな靴で歩き回ったら、即効ヒールが壊れます。
それよりも、キラキラしたデザインのローヒールのトングとかの方が、絶対お洒落!
こんな感じ↓のサンダルとかは、あちらでも人気のデザインだったりします。(あ、でもわざわざ日本で買っていくなら、あちらで買ったほうが安いかも?)


あとは、何故かいつももって行ってしまい、いつも履かずに持って帰ってくるのが靴下
暑くて履いていられない!のに、持って行ってしまう…なんででしょう?

あとは、、、嗚呼、何だか分からなくなってきたから、、、
とりあえずここまで!

バリに行く人のお役に、、、立たないですね!(汗)

☆07’Bali 番外編 ~お土産~☆

2007年07月05日 21:48

帰りの荷物が何故30kg&28Kgもあったのか!?
そんな疑問にお答えするコーナーです♪(笑)

題して【AZULのバリ島でこんな物を買ってきましたぁ☆】

★まずは食べ物編
bali07_ole9.jpg
↑バリ・コピ3種&ムスティカ・ラトゥのスリミング・ティー。
スリミング・ティーはまだ飲んでいません。美味しいのかなぁ?ドキドキ

bali07_ole8.jpg
↑クルプック(えびせん)とインスタントのミーゴレン。
ミーゴレンはソースは良いのだけど、麺が……

bali07_ole7.jpg
↑サンバルソース&ナシ・ゴレンの素。
日本の食卓で、絶対欠かせない調味料。必ず買って帰ります。

bali07_ole6.jpg
↑ジャム。左と真ん中の2個がパヴィリオンのもの。

bali07_ole5.jpg
↑正真正銘のお土産用チョコ。コレが一番無難なお土産。。。

★次はインドネシアン・コスメ。
主に自分用(一部石鹸はお土産用)
bali07_ole4.jpg

bali07_ole3.jpg

bali07_18_1.jpg

↑石鹸色々。一年分の石鹸を買い込んできます。バリの石鹸ってとっても香りが良いの~
↓はローションの類。やはり一年分。
bali07_18_2.jpg


★あとは、その他。
bali07_ole2.jpg
↑一般に言うお土産ですよね。姪っ子用とか、友達用とか…

bali07_ole1.jpg
↑コレは自宅用の食器。
サヌールにジェンガラのアウトレットがあるので、そこで掘り出し物探ししてます!

荷物が重い訳、分かりました?(笑)
最近は、買出しに行っているのか、休暇に行っているのか、
ちょっと分からなくなってきたバリ島旅行です~(笑)

☆07’Bali 8日目☆

2007年07月05日 21:21

bali07_24_1.jpg

今日はバリ島最終日。
ちょっと早起きして、サヌールの朝日を愛でに行く。
サヌールは東に位置しているから、朝日がとてもキレイ。
クタなどは、反対に夕日がキレイなんだろうなぁ。

雲は広がっていはいるけど、空気が澄んでいて、とても清々しい。
アグン山はもちろん、遠くに、つい先日登ったばかりのバトゥール山まで臨める。
サヌールの朝は何度も経験しているけど、こんなに澄み渡った空と、こんなにはっきり稜線が観えたのは初めて。
最終日と言う感慨と相まって、涙が零れそうになってしまいました。
bali07_24_3.jpg

bali07_24_2.jpg


最終日もゆっくりビーチで過ごす。
潮風に吹かれながらの読書&お昼寝。
コレがしたくて、毎日オシゴトに励んでいる。

今日のランチはビーチ沿いにあるワルンでサテ・カンビンを。
(イブ・ウェンティのお店です~何気に有名なんですよね、ココ)
カンビンは山羊の肉。山羊の肉の串焼き。
昨年ガイドさんに教えてもらってから、ココのサテのファンになってしまった私たち。
本当は看板メニューのナシ・チャンプルが食べたいんだけど、
遅くても11時には売切れてしまうとのコト。朝食はいつも、ホテルで済ませてしまうので、どうしてもありつくことが出来ないんです。(涙)
ホテルの朝食、一日パスすれば良いんだけど、大好きだから捨て難い。。。

bali07_24_4.jpg
↑サテ・カンビン&ナシ・プティ。この他にスープが付いて、
2人分Rp.45,000(+テ・ボトル2本)。
アレ、ちょっと値上がりした??(笑)

昼食の後は、夕方までビーチで本当にのんびり。
一分一秒だって長くいたい。。。

夕刻、部屋に戻り、荷物をまとめて、チェック・アウト。
本当は12時がチェック・アウトの時間だけど、いつもご好意で夕方まで部屋を貸して下さる。ホント、感謝!!
迎えが来るまで、ビーチバーでコーヒーを飲んで過ごす。
ココのバリ・コピもコレで飲み収め。来年まで暫しガマン。だなぁ。。。

19時半、ン・グラライ空港到着。
セキュリティー・チェックを受けて、COのチェックイン・カウンターへ。
気になる荷物の重量、28Kg&30Kg!!
おお~ギリギリセーフ!!
って、何が入っているのでしょう??(笑)
来年も2個で来ないとダメ、みたいですねぇ。。。

驚いたのは、チェックインカウンターの直ぐ後ろで、スーツケースを開けて、中身をチェックしているってコト!(多分COのみ)
でも、感心するくらい丁寧に扱っているから、然程嫌な気分にはなりませんでした。
で、私たちの荷物は、と言うと、開けられる事無く流れていきました。
でも、成田に帰ってきて見たら、しっかり開けられた形跡あり。
グアムでチェックされたのかなぁ?

出国審査を通過して、ブラブラと空港内の売店を覗いた(文字通り覗いただけ!笑)後、ラウンジへ。
22時05分のフライト予定。なのに、ゲートへは21時10分に来る様に、と説明されたので、その時間までプレミアム・ラウンジで過ごしました。
旦那さんはちゃっかりシャワーなど浴びて、サッパリしての搭乗です。

何故に1時間前?と疑問に思いながらゲートに行くと、
スゴっ!!
既にゲートは多くの人で埋まっています。(よくよくチケットを見ると、搭乗時間は20時30分。ほえ?)

謎は直ぐ解けました。
ゲートに入る前にセキュリティーチェックが行われていたんです。
それも2回!しっかり、バッグの中までチェックします。(COのみかな?JAL、GAはどうだか分かりません。少なくとも昨年のGAはなかったです)

液体物は、空港内で買ったものでも、ココで没収されるようです。
なので、、、空港の免税店で香水等を買う人は、注意!ですよ。

確かに時間掛かるわ。。。21時10分、と言うのは、多分Cクラス特典なんでしょうね。

やっとのコトで搭乗。
デンパサール→グアム間はサンドウィッチの軽食が出ましたが、
ラウンジでつまんでいたし、夜も遅いので、あまり食欲がなく、殆ど残してしまいました。ついでに、写真を撮る気力もなく。。。ゴメンなさい~
グアムでのトランジットは1時間。イミグレを通過したら、直ぐゲートへ、と言う感じで、ちょっと慌しかったです。
グアム→成田間はひたすら爆睡!
朝食だけは頂きましたが、でも、やっぱり残してしまった!
胃の方もちょっと疲れているみたい?


とまあ、こんな感じで、私たちの今年のバリ島旅行は幕を閉じました。
長々とお付き合い下さって、ありがとうございました~

ああ、早くバリ行きたいっっ!!(笑)

☆07’Bali 7日目☆

2007年07月05日 17:38

今日も快晴!
だから、、、と言うわけじゃないけど、今日は特に予定なし。
ビーチでひたすらボーっとする。
、、、あ、予定あった!午後からパヴィリオンでスパだ♪

午後3時、パヴィリオンへ。
去年と同じ3時間のビューティープログラム、と言うものをオーダーしてある。$60(+Tax)。
ボディーマッサージと、ルルール、アロエ・ベラのフェイシャルトリートメント、そしてフラワーバスでこのお値段は、かなりお値打ちだと思う。
でも、、、サービス、対応に関しては、Jamuの方が上かな?昨年は気付かなかったけど。
でもでも、悪くないんですよっ!Jamuはそれなりの値段だし、そういたことを加味すれば、こちらもとっても良いと思う!(って、数件しか知らないけど)

スパを終えて、ボーっとホテルのエントランスを歩いていたら、スタッフ用のパーキングで見覚えのある人の姿が。
「ティンビンっ!?」
思わず大声を出しちゃいました。(汗)

彼はこのホテルポーターで古参スタッフの一人。
今年は丁度長期休暇中とのコトで、お顔が見られなくて寂しいな、、、と思っていたのです。

私が大きな声で声を掛けたから、彼、少々訝しげな顔をして
「いかにも、私だけど?」と。
「私だよ~忘れちゃった?」と近付いていくと、すごく嬉しそうな顔をして
「オオぉ!!忘れるものかっ!何時来たんだ?一人か?」
と、矢継ぎ早に言ってくる。
「この間の日曜。夫が部屋にいる」
と言うと、「そうか、そうか、会いたかったぞ~」「私もだよ~~」と思わずハグ。
大急ぎで旦那さんを呼びに行って、改めて、お久し振りのご挨拶。

会いたい人に会える…コレって、バリ・マジック?(笑)

嬉しいハプニングもあって、とても楽しい毎日だけど、いよいよ明日が最終日。
うわ~~ん、、、帰りたくないよぉぉぉ。

最後の夜はホテルでディナー。
来年まで思い残すことがないように、しっかりお気に入りのお料理を満喫したのでした!
bali07_23_1.jpg

bali07_23_2.jpg

ホテルで食べたピサン・ゴレン(バナナてんぷら)と、名前の分からないトラディショナルなケーキ。ケーキはういろうのようでした。

☆07’Bali 6日目☆

2007年07月05日 15:39

今日は快晴~
6日目にして、初めてこんなにキレイに晴れた!と言うくらい、今回はお天気が今一つでした。バリの神様、私たち、何かした??
でも、、、逆に考えると、昨日は街歩きだったから、晴れてなくて楽だったし、一昨日も、そう。
あ、神様は私たちのコトを思って、こんなお天気にしてくれたの?(←オメデタイ奴!)

折角の快晴。今日は午前中はビーチでのんびり。
bali07_22_1.jpg

そして、ランチ!
ふふふふ~
今日のランチはね、すっごい楽しみだったの!
だって、今日はシンヤさんとランチをご一緒させて頂くの☆

シンヤさんって、バリホテルJPの現地駐在員をしている方で、バリのサイトをあちこち訪問されている方は、ご存知かもしれないけど、
バリ島 お楽しみ日記!と言うサイトで、バリ島の情報(主に美味しい情報?笑)を色々伝えてくださっている方。
今回我が侭を言って、お忙しいお体を空けて頂いたんです!

連れて行っていただいた先は、以前シンヤさんの日記で紹介されていた
水餃子168』と『ワルン・サラ』。
2店とも、サヌールから遠くはないけど、タクシーじゃないと行けない微妙な距離。しかも、タクシーで行くとなると、どうやって説明するか、それまた悩んでしまう、そんなお店です。

まず行った先が『水餃子168』。
車で走っていても、見落しそうな店構え。
bali07_22_2.jpg

bali07_22_3.jpg

「こんなお店ですよ~?大丈夫ですか?」
と心配して訊いて下さったシンヤさん。
ハイ、大丈夫です!だって、前日、もっとスゴイ場所で食事しましたから!(笑)

シンヤさんのオススメでオーダーしたのは、看板料理の水餃子焼き(揚げ?)餃子バビ・ケチャップもやし炒めビーフンのミーゴレン風、計5品。テ・ボトルも頼んで、〆てRp.48,000。
中華ベースと言うこのお店のお料理はどれも美味しくて、食べやすかったです♪
bali07_22_4.jpg
↑水餃子
bali07_22_5.jpg
↑焼き餃子
bali07_22_6.jpg
↑バビ・ケチャップ。
アレ?あと2品写真がない!…ハイ、食べちゃいました!あまりの美味しさに、写真を撮り忘れて!(汗)

すっごく美味しくて、おなかも満足したはずなんですが、、、なんか物足りない。
ううん、言葉が違うな。欲が出た、と言うのかな?
このお店がコレだけ美味しかったんだから、きっと、もう一方のお店も美味しいはず!
そう思うと、いても経ってもいられなくて、ついオネダリ。。。

「シンヤさん、もう一軒、行きません?」

多分、シンヤさん、引いていたと思うなぁ。
だって、お酒ならともかく、ランチのハシゴですよ~普段の私なら、有り得ない!
でも、それだけ美味しかった、と言うことで。(笑)

もう一軒は『ワルン・サラ』。
こちらもネット上では密かに話題のお店ですよね~
ココにあるのは『ナシ・チャンプル』のみ!
とっても気さくなイブと美味しいナシ・チャンプル、すっごい幸せな一時でした。
bali07_22_7.jpg

ワルン・サラは当初あった場所のお隣に移転しています。
なんでも家賃の問題とか…
お隣の自動車部品屋さんの軒先でひっそり営業。こんなんでやっていけるのか??
bali07_22_8.jpg

で、ナシ・チャンプル。おなかは既に満足状態なので、少なめにしてもらいました。
でも、コレ3人分とテ・ボトルで〆てRp.21,000。安すぎるっ!もう少し商売っ気があっても良いのでは???

とっても美味しいランチに満足して、帰宅の途へ。

シンヤさん、本当にありがとうございました~
来年も、ご一緒、、、させて下さい☆

ホテルに戻り、今度はお向かいの『パヴィリオン』を訪問。
お目当てはホテルオリジナルのジャムと、スパ。
やはり去年体験して、すっかり嵌ったスパを予約してきました♪
ジャムの方は1個Rp.40,000と、決して安くはないのだけど、でも、美味しいのよね~
特に南国らしい『マンゴー』と『パパイヤ&パイナップル』は大好き!

ホテルに戻ってそのままビーチへ。
ランチを摂りに行く予定だけだったから、ビーチベッドはそのままキープ。
荷物を置きっぱなしにするなんて、本当はやってはいけないことなんだけど、セキュリティースタッフが見ていてくれるから、、、ちょっと(かなり?)油断しています。
盗まれたら?それは自己責任!盗まれても良いものしか置いていないけど。でも、本当に、やってはいけないことなのよねぇ。。。

夜はまたまたネットで話題の『Mama Putu』へ。
本当はベモを使いたかったんだけど、旦那さんが納得してくれない!
ランチ食べ過ぎたからって、運動だって!(涙)

タンジュン・サリからママ・プトゥ。
土地勘のある方なら、どんだけ離れているかご存知ですよねぇ。
それを歩いてしまった私たちって、、、、我ながらすごいと思うぞっ!

ママ・プトゥでは「グリルド・キング・ブラウン」「チャプチャイ」「ルンピニ」「オレンジジュース」を頼んで〆てRp.75,000。
高くない!絶対高くないっ!
でも、、、、なんか食事に関しての金銭感覚が麻痺している~
高いと感じてしまった私って、、、、(汗)

と言うことで、美味しいものを満喫した6日目でした!

☆07’Bali 5日目☆

2007年07月05日 14:44

本日は、ニョマンと、デンパサールで開催されているアート・フェスティバルへ。
去年は日程の関係からオープニングセレモニーしか観られなかったから、今回はそのリベンジ!(?)

バリ・アート・フェスティバル(略してPKB=Pesta Kesenian Bali)は6月の半ば~1ヶ月間、州都デンパサールにあるアートセンターを中心に、バリ島各州が芸術を披露し合う大々的な地元のお祭り。
日替わりで色々な芸能が観られるので、ご興味のある人は、是非一度訪れてみてください!
プログラムは↓のサイトに載っています♪
Bali Paradise】 http://www.baliartsfestival.com/

bali07_21_1.jpg
↑大ステージ。残念ながら昼間は何の演目もやっていませんでした。
↓掲示されたプログラム。でも、内容は度々変更になるそうです。。。(涙)
bali07_21_2.jpg

bali07_21_3.jpg
丁度やっていたのは子ども達の演奏。

ぶらぶらと園内を散策したりして、お昼過ぎまでアートセンターにいたのですが、興味をそそられる演目がなく、退散。
今日のランチはニョマンオススメのバビ・グリン!(豚の丸焼き)

デンパサールの『クレネン市場』に美味しいバビがある、と言うので、
早速連れて行ってもらいました。
…でも、市場、なんですよね、、、(←どういう意味か分かります??)
bali07_21_4.jpg

ジャジャ~ン!!お店?の看板。デス。
お店、と言うか、テントです。日本で言う縁日の出店の焼き鳥やさんみたいな構え。
正直、引きました。こういうところで食べるの、初めてだったので。
脳裏に過ぎるのは、色々な心配事。
食器のコトとか、水のコトとか。
でも、そんなの一々心配していたら、折角美味しいものも不味くなる!
と、覚悟を決めて、いざっ!!(苦笑)
bali07_21_5.jpg

bali07_21_6.jpg

いや~美味しかったです!
食べ始めたら、心配なんてどこ吹く風!すっかり、このお味に夢中♪
バビ・グリン3人前とテ・ボトル2本、アクア1本でRp.27000。
もう、文句のつけようがないです!また食べたいなぁ。。。
あ、でも、初心者の方は、とりあえず避けた方が良いと思います。
多分、色々な意味で刺激が強いと思います。
私たちは今更、おなかも壊れませんでしたけど!

ランチの後は、デパート巡り。
車がなくては出来ないことを、しっかりさせて頂きました☆

まず最初に訪れたデパートは、デンパサールのマタハリ。
クタのそれと比べてしまいましたが、所詮同系列。たいした代わり映えもなく、、、
そのままお向かいのロビンソン・デパートへ。
こちらの方がちょっとローカル志向?お値段もマタハリ、ハーディーズ、セントロの中では一番安価でした。

デンパサールの後は、クタへ。
やはり最近オープンした『ディスカバリー・ショッピング・モール』へ。
私はクタの情報には疎いのですが、以前『カルティカ・プラザ』だった場所だそうです。
すっごい大きくて、すっごい高級なショッピング・モールで、ニョマンなどは「ココハ、タカイカラ、ニョマンノイエデハ、カウモノガナイ…」と言っていました。
そんな場所へ連れてきてしまって、ちょっと罪悪感。

しかし、本当に立派です!
もう、バリじゃないみたいです!!
確か、、、昔のバリは『椰子の木より高い建物は建ててはいけない』と言う条例(?)があったと記憶しているのですが、、、、
その条例はもうなくなってしまったのでしょうか?
それとも、クタの椰子の木は、途方もなく高いのでしょうか??
bali07_21_7.jpg

bali07_21_8.jpg
↑クタの海~

デパート巡り最後の〆は、御馴染み『プラ・バリ』(バリの人は“”じゃなくて、“”と発音するんです~)へ。
単にLilyanのお洋服が欲しかったんですけど!
ちなみに、、、プラザ・バリの中のスタバ、キャラメル~とか言うフローズンコーヒー2杯でRp.75000でした。
昼食より高いコーヒー…恐ろしい!(汗)


去年行ったスミニャックの『dogs tail』、ココのお洋服がプラザ・バリにあったのを、去年発見したのです♪
一枚だけ、Lilyanのお洋服を購入して、ホテルへ帰宅。
今日の夕食はタンジュン・サリです。

嗚呼、バリでの時間も、残り僅か。。。

☆07’Bali 4日目 Part2☆

2007年07月05日 13:48

10時にホテルに到着。
おなかがすいてしまったので、そのままレストランへ。
遅めの朝食を摂る。本当ならこの後、ビーチでぼんやりするつもりだったんだけど、哀しいかな、完璧な雨空。うーん、、、乾季なのに(涙)

と言うことで、予定を変更して、今日は一日ショッピング(&スパ)
、、、って言うか、私たち、寝なくて平気なのか?(汗)

部屋でシャワーを浴びてサッパリした後、タクシーを呼んでDFSギャレリアへ。
今更DFS?DFSでナニ買うの??…ホホホっ内緒だけど、DFSは仮の場所。
本当の目的はその隣にあるマタハリ・デパート。
セコイ私たちは、ギャレリアの無料タクシーの制度をちゃっかり利用させて貰ったのです!(でも、結構いっぱいいると思うな。私たちみたいな人)

とりあえず、ギャレリアを一周して、帰りのシャトルバスの予約をして(帰りもちゃっかりギャレリアのお世話になる私たち。。。)、マタハリへ。
最近オープンしたこのデパートは、商品も充実しているし、なかなかキレイ。でも、庶民向けではないのかな?お値段は近所のハーディーーズより若干高めでした。

スナックエリアで噂のロティ・ボーイを購入。Rp.6500。
別のお店で買ったクリスピーチキンがRp.2000と考えると、なかなか高級なパン?
bali07_20_3.jpg
↑イートエリア。家族連れが多かったです。
bali07_20_2.jpg

bali07_20_1.jpg

お味の方は、うずまきパン(って知ってる?)みたいな感じ。
メロンパンみたいな甘めのパンの中に、マーガリンが入っている、と言うのかな?
美味しかったですよ。

こちらも一通り回って、でも、特に欲しいものはなくて、手ぶらで帰宅。
お洋服とか、それなりにカワイイのはあったんだけど、絶対欲しい!と言うものには出会えなかったんですよね。残念!

ホテルに戻り、今度は私だけ、スパへ。
ホテルに併設されている『JAMU SPA』。
ココのトリートメント&マッサージ、好きなんですよね。
今回は『ジャワニーズ・ボレ』。$80(2時間)。
タンジュン・サリの宿泊者は20%割引となります。
ココでゆっくりゆったりと、トレッキングの疲れを癒してもらいました。事実、その後まったく筋肉痛がなかったのは、この日直ぐにマッサージを受けたお陰、と思っています。

スパを堪能して部屋に戻ると、やっぱり!旦那さんはベッドで爆睡中!
ただいま~と声を掛けた私の視界の隅に、何か動くものが。
ん?と、視線をやるとその先には……

ギャーっっっ!!!

巨大なチィッチャ、、、もとい、あの大きさは“トッケイ”と言っても良いと思う!
身丈20cmはあると思う巨大な爬虫類がピッタリと壁にへばりついていたのです!
硬直する私と、私の絶叫にビックリして起きる&動く旦那+トッケイ。
そう、トッケイ君は、私の声に驚いて、そそくさとその姿を屋根裏に消したのでした。

来たときから、頭上でやたら大きな声で『ゲッコーゲッコー』言っていたから、近くにいそうだな、とは思ったけど、姿だけは見せて欲しくなかったなぁ。
バリに10回行ってはいるけど、やっぱり慣れられない…
あちらの人は皆「大丈夫だよ~」って笑って言うけれど…(涙)
あ、でも、会えなきゃ会えないで、それはまた寂しいし、、、嗚呼、勝手な私!(笑)

気を取り直して、夕食へ。
今日のお夕食は『スティッフ・チリ』でイタリアン。
ピッツァ・マルゲリータ、ペンネ・アラビアータ、フルーツ・ジュースでRp.77000。
アレ、今、確認したら、去年もJamuでスパの後は、スティッフ・チリに行っている。進歩がないな。。。(笑)
でも、美味しいんだもん!
しかし、ホテルからスティッフ・チリまでは近く見積もっても片道1.5Km。我ながらよく歩くよな。。。

と言うことで長かった4日目は暮れたのでした。
ホント、充実した一日でした~☆

☆07’Bali 4日目 バトゥール山トレッキングの巻☆

2007年07月05日 12:48

午前0時半。朝、と言う時間には程遠いけど、でも、とりあえず起床。
バトゥール山へのピックアップの時間が午前1時。
大急ぎで支度をしているところに電話が鳴る。
「ムカエ、ロビーニ イマス」
ツアーガイド、ラァカさんのちょっとたどたどしい日本語。
「ハイ、今行きますね!」
と返し、慌てて部屋を出る。

こういう時だけは、時間通りなんですよね、、、こちらの人って!(汗)

車で約2時間。
空を見上げる。星は出ていない。昨日も天気が良くなかったから、
ある程度覚悟はしていたけど、ザンネン。
山から見る星空はキレイだっただろうな。。。

「ネテテ イイデスヨ。トオイカラ」
ラァカさんのお言葉に甘えて、暫し休息。
途中、雨音で目が覚める。ウブドを過ぎた辺り?
雨脚の強さにトレッキングの行程が不安になる。
雨、止んで欲しい……。

バトゥール山は、バリ島北部の景勝地『キンタマーニ高原』に聳える山。標高1717m。
1917年と1924年の大噴火の他、1997年にも小噴火をした活火山です。
裾野にはカルデラ湖のバトゥール湖が広がり、ビーチリゾートだけではないバリ島の、もう一つの美しい風景を魅せてくれる場所です。

でも、私たちが到着したのは午前3時。
光源がなければ、自分の足元さえ覚束ないほどの漆黒の闇。
当然周りの風景なんて見えません。
それどころか、丑三つ時、とはよく言ったもので、国は違えども、闇の中に何かが潜んでいるような、そんな錯覚さえ覚えてしまうほどの暗さでした。
とは言え、ココは神の棲まう島の神の棲まう山(バリ島では山は皆聖なる場所)。強ち錯覚ではないのかもしれませんが…(汗)

トレッキングガイドと合流して、いよいよトレッキングスタートです。
「ワタシハ、ニホンゴガ、スコシシカ、ハナセマセン」と言うガイドさんと、ラァカさんと私たち、計4人がトレッキングの先発隊。
そう、名誉ある(?)この日の登山一番乗りを果たしたのでした♪

歩き始めて30分くらいは平坦な砂地でした。その後、本格的に入山。
トレッキングガイドはこの時、山の入り口部分に建立されている祠にお祈りを捧げていました。
日本でもそうですが、やはり入山するときは山の神様の許しを得るものなのでしょう。
その風景は厳粛そのもの。私も心の中で山へ入ることへの許しを請いました。
祠を過ぎると、本格的な山道です。
この時はあまりの暗さに、自分がどんな道を辿っているかなんて、凡そ見当も付きませんでしたが、そこは火山。
階段なんて親切なものは存在せず、岩場あり、砂地あり、と、後から思うと、なかなかの道だったようです。(しかも、一緒に登ってきていたラァカさんは途中でリタイアしてしまいました!笑)
途中小雨がぱらつくこともありましたが、かえって足場を固める恵みの雨だったようです。

約1時間位登ったでしょうか?トレッキングガイドの「Congratulations!!」と言う声に顔を上げると、闇の中にぼんやりと建物の影が。
「嘘っ!?ゴール??」の問いに「Ya(Yes)!」と。
予定より30分近くも早く登頂出来たようです。
コレも大山登山でトレーニングしたお陰かな?(笑)
トレッキングガイドも「Strong!」と褒めてくれたし。。。

山小屋で休んでいると、続々とゲストが登頂してきました。
殆どが欧米人。どこにでも出没する日本人の姿はナシ。
「日本人はどのくらい来るの?」
と訊くと、「スコシ」と。年に数人しかいないみたい。
だから、ココのガイドさんは、あまり日本語を話さないのね…(苦笑)

山小屋に着いて直ぐ、ザーッと言う大雨が。
この分だと、ご来光は本当に諦めなくてはいけないみたい。
でも、タッチの差でずぶ濡れになるのが避けられたのは、神のご加護?

冷えた体をガイドが入れてくれたバリ・コピ(コーヒー)で温める。
このコピ、下界の4倍もの値段にはちょっとビックリだったけど、、、でも、ホント、美味しかったデス。


↑山小屋から観たアバン山と山稜。それに、噴火口。
噴火口からは未だ煙が上がっています。
登山道は結構険しいです。登っている最中、周りが見えなくて良かったのかも…(笑)

残念ながら、ご来光は臨めなかったけど、清々しい空気の中の山々の姿はとても美しかったです。

噴火口を見たり、温泉を触ったりと、山小屋の周辺をあちこちを散策して、7時過ぎ頃に下山。帰りは早いー!1時間弱で降りてしまいました。

麓で待っていてくれたラァカさんと合流。途中寄り道もせず、ホテルへと戻ったのでした。
だって、、、汗びっしょりだし、下界は暑いし、それに流石に疲れていたので、一刻も早くホテルに戻って、シャワーを浴びてゆっくりしたかったんだもん!

と言うことでバトゥール山のトレッキングの報告はココまで。
でも、ながーい一日は始まったばかりだったのです!(笑い)


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。