スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'09バリ島4日目 の弐

2010年01月31日 00:05

ホテルに戻っても、まだ8時。早起きしたお陰で、今日は一日が長いかも?(笑)
マノハラホテルで、パウンドケーキを頂いたけど、何となく物足りなかったので、
メインダイニングで、コピとフレッシュ・マンゴー&マンゴージュースをオーダー。
09_10_6_13.jpg

「おはようございます。AZULさま。夕べのお席にしますか?」
なんて声を掛けられて…なんかVIPになった気分じゃない?

そうそう、椅子に座るとね、すっとクッションを持ってきてくれて、背凭れに入れてくれるの。
いちいちやることがスマートで、、、
そんなコト、今までしてもらったことなかったから、それだけで感激しちゃったわ!私

大好きなマンゴーを堪能した後は(味はタンジュン・サリと一緒。でもお値段は倍!)パブリック・プールへ。
数名のゲストが(ご婦人方は皆、とってもキレイ!!)日光浴やスイミングを楽しんでいる中、私はのんびり読書。
ベッドに座ると、またもやスタッフがすっとやってきて、ベッドのセッティングはもちろん、
お水をサーブしてくれたり、脱いだシャツをハンガーに掛けてくれたり、ホント、至れり尽くせり。
こんなところ、長く居たら、現実社会に戻れなくなる。。。

お昼までプールサイドで過ごし、そのままランチ。
無難にナシゴレンとミーゴレンをオーダーしてみました。
09_10_6_15.jpg
09_10_6_14.jpg
お味の方は…お上品。の一言。ワルン飯の味に慣れてしまっている私たちには、やはり物足りない??

お腹いっぱいになると、眠気が。朝早かったからね。。。(プールサイドでもウトウトしてたけど)
お部屋に戻り、今度はお部屋のバレでお昼寝。ココがまた、寝心地最高!!
極楽極楽

「チェックアウトは、飛行機のお時間に合わせてで良いですよ。
(なるべくゆっくりしたかったので、20時のGAのフライトを予約してました)
観光をするなら、15時ごろ出発された方が良いかもしれませんが。
どうぞお好きなお時間までいらして下さい」
と言うPMのお言葉に甘え、15時まで、本当にのんびり。
…今思うと、ジョグジャ観光は、次にして、18時頃までアマンでゆっくりしても良かったのかなぁ?

一泊の滞在ではあったけど、それ以上に満喫した初アマンでした。
スポンサーサイト

'09バリ島4日目 の壱

2010年01月30日 00:03

翌朝。4時のモーニングコールで目覚める。
当然、外は真っ暗。
ダッシュでシャワーを浴びて(寝起きの悪いAZUL夫妻は、二人ともシャワーを浴びないと、目が覚めないのです…)ロビーへ。
アマンでツアーをオーダーしたゲストは、ここで軽く朝食が用意されているらしいけど、
外部ツアーを頼んでしまった私たちは無し。
朝っぱらから優雅な時間を過ごす他のゲスト達を横目に、ピックアップに来て下さったガイドさんと合流し、
いざボロブドゥール遺跡へ。

ボロブドゥールの公園内にある『マノハラホテル』に車を停め、懐中電灯を受け取り(この懐中電灯はお土産で頂きました)暗がりの中、遺跡を登る。

中央の階段を一気に登って『大ストゥーパ』のある最上階へ。仏教世界で『天上界』を表す畏れ多い場所。
そんな場所に一気に来てしまって良かったのかしら?なんて疑問が心を過ぎってしまった。
09_10_6_7.jpg

09_10_6_4.jpg
この天上界で、朝日が昇ってくるのを待つ。薄雲が広がっているけど、無事ご来光は拝めるかしら?

徐々に明るくなってきた天上界を、若干手持ち無沙汰気味に徘徊しながら、待つこと数十分。
幻想的な朝靄の中、その場にいたゲストの歓声と共に、朝日が昇った。

09_10_6_2.jpg
感動。。。
この一瞬が見たくて、わざわざジョグジャまで来たんだもん。
09_10_6_3.jpg
雄大なショーを堪能した後は、ゆっくり遺跡内を見学。
ガイドさん、本領発揮!とばかりに、とっても丁寧に分かりやすく説明して下さった。
うん、ガイドさんが居てくれて良かった手配して下さった白石さんに感謝!!

↓絵葉書で有名な仏像。
09_10_6_5.jpg
09_10_6_6.jpg
↑アマンのある山は、まるで『涅槃像』のような形をしている。と教えてくれました。確かに!!

09_10_6_9.jpg
09_10_6_8.jpg
地上界(現世)を意味する回廊には、釈迦の一生を表す見事なレリーフが。
その見事さにただただ呆然。

09_10_6_10.jpg
09_10_6_1.jpg
日がだいぶ高く昇り気温も上昇し、また、一般の見学客が増えてきたので、私たちは退散。
でも、もっと見ていたかったなぁ。また見に来たいな。。。

遺跡を後にして、マノハラホテルで軽食(朝からケーキセット。。。)を頂き、ホテルへ戻ったのでした。

'09バリ島3日目 の六

2010年01月29日 00:06

ディナーの時間になったので、メイン・ダイニングへ。
09_10_5_18.jpg

『ロマンティック・ディナー』っていったいどんなの??
と、ワクワク

ダイニングでは、当然ルームナンバーも名前も必要なし。
顔を見るなり、こちらへどうぞ。って席まで案内してくれる。
昼間とはちょっと違った、シックな雰囲気。
09_10_5_20.jpg

案内されたのは、周りを薔薇の花びらで埋め尽くしたテーブル。

…嬉しいけど、ちょっと恥ずかしい。。。(写真が…ない!
09_10_5_19.jpg

ジャワのトラディショナルなお料理がディナーの内容。
かなり豪勢な『ナシ・チャンプル』(笑)
(やっぱり写真が…ない!!
デザートは、タンジュン・サリで食べて大ファンになったブブル・クタン・ヒタム。
こちらのは、ケーキ状に固めてありました。

お腹いっぱいになって、満足!と、余韻に浸っていると、ホール・マネージャーが何やら持ってテーブルへ。

じゃじゃじゃーん!!
09_10_5_21.jpg
お祝いのケーキです。
しかもホール!!

きゃー嬉しい

でも…お腹いっぱい。食べられない……

一口だけ頂いて、後はお部屋にブンクスして頂きました。
(甘党の旦那さんが平らげてくれました)



で、お部屋。

09_10_5_22.jpg
ハネムーンでもこんなベッドで眠らなかったわ。。。

'09バリ島3日目 の五

2010年01月28日 00:27

今回、私たちが利用したのは、『ガーデン・スイート』って言う、一番下のランクのお部屋です。

アマンの良いところって、眺望とかに違いはあるみたいだけど、
基本的に、お部屋の間取りとか広さには大差ないらしいので、一番安いお部屋でも、私たちには充分満足だし、
充分贅沢
(だって、この1泊分の料金で、タンジュン・サリ、3泊は出来るぞ

ん?お部屋の写真??
アマンジヲの施設の詳細は、皆さんのブログ等で結構紹介されているので、重複するから。。。無し!(笑)
(って単に、ご紹介出来る、画像がないだけなんですけど…

でも、折角だから、ボロブドゥールを望む、私のお気に入りの一枚を。(旦那さん撮影)
09_10_6_11.jpg


プランバナンをゆっくり散策してきたので、ホテルに着いたのは、14時過ぎ。15時近くだったかな?
お部屋に案内されて、チェックイン。
その際に、ディナーの予約(GMオススメの『ロマンティック・ディナー』なるものを予約してみました)と、
マッサージの予約をしました。
アマンジヲオススメの、早朝のボロブドゥールツアーは、
バリホテル.JPさんが、外部のツアー会社さんに手配して下さっていたので、
(残念ながら)アマンでのツアーは参加せず。

その旨を伝えると、凄いのよ、アマン。嫌な顔ひとつしないで
「朝、お迎えの時間とか、私の方で、もう一度確認しておきますね」って。太っ腹よねぇ。

たった一泊の短い滞在。
時間を少しでも有意義に。と言うことで、荷解きの後、早速私だけマッサージをお願いしました。
マッサージルームもあるようでしたが、お部屋がとても居心地が良かったので、お部屋で施術してもらうことに。
『ピジョット(Pijat traditional massage)』と言うジャワの伝統的なマッサージ。
セラピストは、私の予想に反して、年配のイブ。
とってもベテランの方だったようで、やや強めの指圧が心地よく、
60分があっという間に過ぎてしまう、至福の時を頂きました

その間、旦那さんはホテル内を徘徊
「レセプションのそばに、があったよ。レンタル用だよねー」
とか、
「アートルームがあったから、後で行ってみよう」
とか、
「凄い豪華なヴィラがあった。でも、誰か泊まっているみたいだから、見学出来ないね」
とか、
「プールサイドでディナーの準備してたよ。プライベートのダンスショーみたい。そんなオーダーも出来るんだね」
とか。
ホント、たった1時間でどんだけ情報取って来たの?って言うくらい、
いっぱい見聞してきてくれました

折角旦那さんがホテル内を徘徊してきてくれたので、
マッサージの後、ちょっとだけお散歩をしに、部屋を留守にしたのですが…
その間、多分15分くらい
お部屋に戻ってみて、ビックリ!!

お部屋の中が整っている~

シャワーで使用したタオル&手拭きのタオルが取り替えてあったり、
脱ぎ捨てた状態に近かった洋服が、ちゃんとハンガーに掛かっていたり、
ごみもすっかりなくなっている。

何時の間に

だって、お部屋を留守にしたの、ちょっとの間なんですよ。
特に誰かともすれ違わなかったし…
どこで、私たちの行動、チェックしてるんだろう??

アマン・スタッフって、もしかして、忍者!?
恐るべし、、、アマン・サービス。

'09バリ島3日目 の四

2010年01月27日 00:20

プランバナンを満喫した後は、いよいよ今宵のお宿、アマンジヲです

メインロビーに車を着ける前、一時ドライバーさんは車を停めます。

と首を傾げると、
「見て」
と、正面を指差します。
その先にあるもの。それがコレ↓
09_10_5_17.jpg
分かりますか?
真正面に、まるで絵が掛けられているように見えるボロブドゥール遺跡。
計算されてますよね。
アマンジヲで、一番有名な風景なのですが、事前リサーチをしていなかったので、とっても感動しちゃいました。

エントランスに車が着くと、即座にスタッフのお出迎え。
座り心地の良いソファーに案内されると、すぐにおしぼりとドリンクのサービス。
そしてGM自ら歓迎のご挨拶。
日本語が堪能なパーソナルマネージャーを介しての束の間のお喋り。
ココでの会話の内容が、どうも全スタッフに情報として行き渡るらしく…
ホント、ソフト面でのサービスが凄いんです。言葉じゃ言い表せないくらい。

ドライバーやPMといった、ゲストに直接関わるスタッフが、
ゲストがどんな滞在にしたいか?と言うことを、さりげなく、ごく自然にリサーチして、
その情報を、スタッフ皆で共有する。みたいな感じ。

事実、ディナーの前、館内をウロウロしながら、何となくライブラリーに行き着いて、
そこでやっぱり何となく、「明日、チェックアウトした後、どうしようか?」みたいなノリで、
PCを閲覧していたら、先のPMがふらりとライブラリーに現れて、
(多分、本当はふらり、じゃなくて、どこからか『AZUL夫妻がライブラリーに行ったぞ』くらいの情報が流れたと思われる)
すごくさりげなく
「何か調べ物ですか?」
って聞いてくるので、こちらもつい
「明日、どうしようかな?って。
折角だから、ジョグジャの町を観光したいけど、まったく調べてこなかったから」
なんて言いながら、適当にネットサーフィンしながら、
「んー、折角だから、バティック工房とかも見てみたいかも?」
「このページにあるお饅頭みたいなの(バッピアのコト)、食べてみたいな」
なんていう取り止めもない会話をしていただけど、多分逐一記憶しているんでしょうね。
翌日、ドライバーさんに全て情報が行っていました。
(バティック工房、行きますか?とか、
バッピア屋は空港行く前に寄ろうと思いますが良いですか?とか、
一言もドライバーに言っていないのに、全て筒抜け!笑)

ハード面が充実したホテルは山とあるけど、ソフト面がここまで充実しているホテルって、
なかなか無いと思う。。。

って言っても、そんな高級なホテル、泊まったコトないけど

でも、、、何となく、、、大きな声じゃ言えないけど、
嘗てのタンジュン・サリも、コレに近いサービス、あったよね。。。
最近は、めっきりカジュアルな路線になってきちゃったけど

と、つい熱く語ってしまって、長くなったので、続きは、次。

'09バリ島3日目 の参

2010年01月26日 00:07

09_10_5_7.jpg

世界遺産のプランバナン寺院郡です!
私の拙い説明は抜きにして、どうぞ画像だけお楽しみ下さい。
(写真も拙いんだけど…

ちなみに、公園内の入場料はUS$11(だったっけ???)でした。(ガイド料別)
ローカルの方たちの入場料それの半額以下だったような…ま、良いんですけどね、観光客だから

09_10_5_5.jpg

09_10_5_6.jpg

09_10_5_3.jpg

09_10_5_4.jpg

09_10_5_2.jpg

09_10_5_11.jpg

数年前の大地震で倒壊した部分を、今もこつこつ修復しています。
園内には、鑿の『カンカンカン』と言う音が響いていました。

09_10_5_12.jpg

09_10_5_10.jpg
そうそう、ガイドさんが嬉しそうに説明してくれたレリーフ。
ココでは色々問題がでそうなので、詳しい説明は避けますが…
09_10_5_16.jpg
サイズが、とっても大きいそうです。。。

ガイドさん絡みでもう一枚。
コレ↓何だか分かりますか?
09_10_5_1.jpg
答え。
カシューナッツ。
私、大好物なのに、初めて生っている状態を見ました。感激。。。

'09バリ島3日目 の弐

2010年01月25日 23:27

アマン。
お迎えのお車は(って妙に言葉が丁寧に…?)TOYOTAのキジャン。

09_10_5_15.jpg
(後姿で失礼!

良かったーベンツじゃなくて。と、妙に安心してしまうAZULさん。
インドネシアの町をベンツで徘徊って、何だか恥ずかしくて…根が庶民ですから。。。

エアコンの効いた車内は、さりげなくクッションとか置いてあって、「寛ぎムード」満点!
シートの真ん中には、えびせんの入った瓶がセンス良く置いてあったり、
シートポケットには、これまた上品なケースにアマンジヲのインフォメーションが品良くファイルされていたり、
もちろん、車に乗った瞬間に、良く冷えたお絞りと飲み物がサービスされたり。

担当のドライバーはインドネシア語で『雷』って言う意味のお名前を持つ、若い男性。
雷と言う言葉とは反対に、とっても穏やかな好青年。

「私、英語もインドネシア語も話せないの」って言えば
「僕も日本語話せませんから、おあいこですね」ってにこやかに答えてくれる。
で、お互い、言葉が分からないから、ダンマリかといえば、まったくそんなコトなくて、
分かりやすい言葉で、会話を楽しもうとしてくれる。
それがとてもさりげなくて、こちらをまったく緊張させない。
逆に、ゆっくり外を眺めたいな…と窓の外に目を向ければ、それを邪魔しないようにそっとしておいてくれる。

私たちゲストの、一挙手一投足を常に観察している。
私たちが今、何をして欲しいと思っているか、を、常に考えている。
私よりもずっと若い青年なのに、この気配りはスゴイ!
なかなか出来るものじゃないよー!!

これが皆の言う、アマンのサービスなのね。。。と1人納得。
いやー、ホント、すごい。ステキ!

「すぐホテルへ行きますか?それともどちらか行きたいところはありますか?」

多分聞かれると思って、予めジョグジャ到着時のプランだけは考えておいたのでこの問いには即答!

「プランバナンへ寄ってください」
「畏まりました」

'09バリ島3日目 の壱

2010年01月25日 00:00

バリ島3日目は、今回の旅の一大イベント。
ジョグジャツアー

フライトは12時だけど、何が起こるかわからない、インドネシアの国内線。
ホテルタクシーを手配してもらい、ちょっと早めの10時にホテルを出発。

国内線と国際線は同じ敷地にあるのに、実は今回初めて、国内線ターミナル潜入しました。
建物自体は似たような作りだけど、やはり規模が小さいし、
おまけに待合室の椅子は壊れているし…なんか雑然とした感じ。
09_10_5_14.jpg

09_10_5_13.jpg
ジョグジャへ行っている間も、タンジュン・サリのお部屋はキープしたままだったので、
小さなカバン(お気に入りの水色のトロリー)1つの、とっても身軽なジョグジャへの旅。
荷物が少ないって、ステキ!

ジョグジャへはガルーダで行きました。
09_10_5_9.jpg
初体験☆のお尻(と勝手に言っている)からの乗り降りに、私、大興奮!

飛行時間は1時間と、とっても短いフライトなので、機内食なんて洒落たものはなく…
でも、こんなランチボックスがサービスされました。
09_10_5_8.jpg

ジャワ時間の12時20分にジョグジャに到着。バリとは1時間の時差です。
たった1時間しか掛からない距離なのに、時差が1時間って、何だか不思議。。。

ゲートを出たところに、居ました!噂に名高い白装束(?)のアマンのスタッフが。
なんかドキドキするー

'09バリ島2日目 の参

2010年01月24日 00:05

マズイ。。。日にちが経ちすぎて、記憶が曖昧になっている。。。

2日目は、お昼ご飯を食べた後、またホテルに戻って…
そうだ、チェックインの時頂いた、ジャムースパのショートマッサージを受けに行ったんだわ。
(15分のショルダーマッサージ)
長年タンジュン・サリに滞在しているけど、こんなマッサージ・クーポンを頂いたのは初めて。

夕方再びビーチ沿いをじゃらんじゃらんして、それからディナー
(何だか食べてばっかりのような気が…

一応、今回の旅行は

結婚10周年の記念旅行

なので、ちょっとだけそれらしいディナーを楽しみましょう。
と、この日のディナーは料理長オススメのお料理をお願いしてみました。

で、出てきたお料理がコレ↓
09_10_4_10.jpg
料理の名前を忘れてしまったのですが、
トラディショナルなお料理の盛り合わせだったと…

ご飯の盛り付けとか、≪アグン山を意識している?≫って感じで、
なかなかステキなお料理だったのですが、
前日のディナーショーのビュッフェの内容とかぶるものがあり…
個人的にはちょっと残念な内容だったなぁ。。。

だから、というわけじゃないけど、
デザートはそれぞれ食べたいものをオーダーしました。
旦那さんは大好きな 『クリームキャラメル』(カスタードプディング)
09_10_4_7.jpg

私は、前日のビュッフェでファンになった『ブブル・クタン・ヒタム』(ブラックライス・プディング)。
09_10_4_6.jpg
もち米の、もちもち、プチプチした食感と、ココナッツミルクの甘さが、
数の子とか、いくらとか大好物の私には、すごくツボ
(喩がデザートと掛け離れているけど

皆さんも是非一度お試しを
ただし、、、温かい食べ物なので、ご注意を!

09_10_4_8.jpg
夜のタンジュン・サリ。とってもイイ感じです

'09バリ島2日目 の弐

2010年01月23日 00:19

Hardy'sで心ゆくまでウィンドウ・ショッピングを楽しんだ後は、お昼ごはん
今日のお昼は以前から気になっていたワルン『Parahyangan』。
このワルン、実は昨年も行ってみたんです。

が!

昨年はイドゥル・フィトゥリのため、お店は休暇中
一年越しの片思いが叶ったのです。

そのParahyanganまでお昼を食べにじゃらんじゃらん。
って、文字にすると簡単だけど、お泊りのホテルタンジュン・サリからこのワルンまで、
かるーく30分は掛かる道程。絶対片道2Km以上はある!

私は散々ベモる事を主張したんだけど
「おいしいものをたくさん、気兼ねなく食べるため!!」
と旦那さんに諭され(?)自分ので、頑張って往復移動しましたよ~

暑さと闘いながらやっとのコトでありついたお昼ご飯。
09_10_4_5.jpg
09_10_4_4.jpg
定番のミーゴレンとナシゴレン。

お味の方は、評判どおり。ですね。
美味しかったですよ~

でも、私たちには今一つ物足りなかったかなぁ?
一応、「辛くしてね」ってお願いしたんですが。
ワルンにしては、上品な味付けかな。

'09バリ島2日目 の壱

2010年01月22日 21:19

随分空いてしまいましたが…
と、その前に、
遅れ馳せながら…
本年もよろしくお願い致します

気を取り直して、バリ島レポ2日目です

目が覚めた時、既に陽は高く昇っており、恒例の朝の『じゃらんじゃらん』は無しに。
だって、朝の清々しい空気も6時半頃まで。
それを過ぎると、赤道直下の太陽が容赦なく照り付けて…
とてもじゃないけど、じゃらんじゃらんなんてしてられません!

と言うことで、朝ごはんを食べにダイニングへ。
1年ぶりのバリのご飯。
09_10_4_3.jpg
私がオーダーしたのは『ブブル アヤム(鳥粥)』。
夕べのディナーを食べ過ぎたのか、何となく胃がお疲れだったので。
09_10_4_2.jpg
旦那さんは、お気に入りのパンケーキ
と、
09_10_4_1.jpg
ずっと楽しみにしていたマンゴー
記憶が確かなら、、、毎日、マンゴー食べていたような?
そして、、そのせいで、最終日お腹を壊していたような???

マンゴーは、日を追うごとに甘さが増してきて、やはり雨季の果物なんだと実感。
今度はマンゴーを楽しむために、雨季に再訪しようかな?

朝ごはんの後は、お決まりのビーチへ。。。
ではなく、お部屋のリビングでのんびりした後(だって、折角のガーデンシービューバンガロー)、
ご近所のHardy'sへお買い物
後で大量に買い込むことになる、様々なものたちを物色。
Hardy'sって大好き
私、毎年毎年、相当の金額を、Hardy'sに貢いでいるような気がする。。。



RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。