スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09'バリ島6日目 の五

2010年02月10日 00:09

折角だから、クマンギの店内のお写真を。。。
09_10_8_15.jpg
まだオープンしたてだから、とってもキレイです!

09_10_8_16.jpg
↑ボスがお気に入りだと言うテーブルは、古い舟を利用して作ったものだそうです。
中もとってもお洒落
09_10_8_17.jpg

オマケ。。。
09_10_8_22.jpg
入り口横の記念撮影スペースで、
「折角来たんだから」と言うお言葉に負けて、撮っていただきました

前後しちゃうけど、

レストランの側に設置されているコーナー。
長旅を終えた旦那さんに「おごってあげるら」と、試してもらいました。
ドクターフィッシュ
09_10_8_12.jpg

水槽に足を入れると、お魚さんがいっぱい寄ってきます。
画像にお見苦しい点がありますが、ご容赦を

09_10_8_13.jpg
09_10_8_14.jpg
うわっ、、、気持ちワル。
お魚が怖い私には、絶対体験できない代物です
でも、体験した旦那さんは
「プチプチしてて、ジャグジーの細かな泡、みたいで結構気持ち良かったよ」と言っていました。

ご興味ある方は是非お試し下さい。
20分US$10だったっけなぁ?でも、混んでないと、時間は比較的アバウトっぽかったですよ
スポンサーサイト

'09バリ島6日目 の四

2010年02月09日 00:05

旦那さんは無事サヌールの我が家に戻り、
私もスパでしっかり癒され、
それぞれ有意義な時間を過ごした後は、お待ちかねのディナータイムです

今宵のディナーは、新しくオープンしたイタリアン・レストラン『クマンギ
プラザ・バリの中にある…という、ある意味恵まれた立地のレストランです。

えっ?免税店の中??

って思ったバリ・リピーターの方もいらっしゃるでしょう。
実は私も…
多分、単にバリの情報誌とかで知ったなら、選択しないと思いますが…
(実は、シンヤさんがマネージャーに就任されたので、お祝いを兼ねてお邪魔しました)

が!

ある意味、このお店は穴場じゃないかなぁ?
免税店の中のお店、って言うと、まず観光客価格なのは間違いない。って思うけど、
ココは、在住の人にも来て欲しい。って思いもあるから、割と良心的な価格設定だし、
プラザ・バリのサービス(無料送迎)も受けられるし。

それに肝心なお料理。
09_10_8_18.jpg
人気があるというマンゴーミルクシェイク。(Rp.30,000)
お料理のお供にはちょっと甘すぎたけど、でも、お買い物の合間とかにはピッタリ

シーザーサラダ(Rp.31,000)
09_10_8_19.jpg

イカ墨のピッツァ。(Rp.40,000)
09_10_8_21.jpg
大好きな薄焼きタイプ。イカ墨の香ばしい香りがとっても美味でした

スパゲッティ・シチリアーノ(Rp.48,000)
09_10_8_20.jpg
アルデンテなのは当然。パスタに絡んだトマトソースがなかなか

あーチキンの写真、撮り忘れた!
チキンフンギ(Rp.35,000)はきのこのソースがとっても美味しかったです!
それにコーヒーを頂いて二人で〆てRp.244,000。¥2,400は安いと思うんだけど

'09バリ島6日目 の参

2010年02月08日 00:07

アラムセンポールの工房を後にして向かったのは、
ガラムで有名な『クサンバ』。
あ、ご存知だと思いますが、ガラムって、塩のコトです。
クサンバはバリ島でも有名な天然塩の産地。
昔ながらの製法を今も守った塩田が有名です。

ただし、このあたりに来ると、流石の旦那さんもかなり疲労が…

「写真なんて撮ってる余裕、無かったよ

との事ですので、代わりに、行きに撮ったと思われる、チャンディダサの海の風景を。。。
09_10_9_24.jpg

クサンバへも、何とか辿り着いた旦那さん。
が。
困った
どうやってガラムを貰えば良いか分からない。
誰に声を掛けるべきか…
と、途方に暮れていたら、救世主登場!

日本人女性3人組が丁度この時、ガイドさんと共にこの塩田に立ち寄ってくださり、
お陰で旦那さんもお塩を買うことが出来たそうです。

旦那さんより、クサンバでお会いしたご婦人お三方へ。

「あの時は大変お世話になりました。
とても助かりました。本当にありがとうございました」


との事です。
本当にありがとうございました!
お陰様でとっても美味しいガラムを頂いております

クサンバのガラムは噂どおり、とってもマイルドな味で、
マイ・ブームは某ショップの味のついていないポテトチップにふりかけて食べるコトです。
美味しいですよ

無事ガラムもGetし、帰路へ。
帰りは結構辛かったそうですよ~(そりゃそうだろ!

「でも、途中、子ども達が物珍しそうに近寄ってきて、話しかけてくれたり、
地元の人たちも、訝しげな目で見るけど、道とか聞けば、親切に教えてくれて、
結構楽しかったよ

オマケ。
09_10_8_11.jpg
サヌール、バイパス沿いのマックのソフトクリーム。
やっとお家の側まで辿り着いて、ホッとしたら無性に食べたくなってしまったそうです。

'09バリ島6日目 の弐

2010年02月07日 00:04

センセイシャの次に向かったのは…
と、その前に。
09_10_8_4.jpg
腹ごしらえ、だそうです。
09_10_8_3.jpg
パンを買おうと思ったんだけど、ケーキにしたそうです。
前は絶対初対面の現地の人と喋らなかったのに、成長したもんだ!
さりげなーくリリ2号が写ってますね。おとなしくご主人の戻りを待っているのでしょうか?(笑)

さ、お腹も満足したところで、お次の目的地へ。

09_10_8_6.jpg
こんな場所を通り、
09_10_8_7.jpg
地元の人たちに、けったいな眼差しを向けられながら、
こんな道を走り
09_10_8_5.jpg
こんな立派なバニヤンツリーを眺め、ついた先は。。。
09_10_8_8.jpg
ココ!

アラムセンポールの工房。

何方かのブログで目にして、とっても興味を覚えた石鹸です。
場所を検索すると、どうやらセンセイシャの工房のご近所(と言えるか甚だ疑問だけど)らしいので、
ついでにお願いして寄ってきてもらいました

事前にメールで場所をお伺いすると、とってもご丁寧な返答が。
お陰で無事、辿り着けました。(って、行ったの、私じゃないけど

工房のスタッフさんも皆さん、とっても気さくな方々で、
言葉が通じないながらも、とっても親切に対応してくださったようです。
09_10_8_10.jpg
09_10_8_9.jpg

↓買ってきてくれた石鹸たち(丸いのはバスボム)
09_10_8_1.jpg
まだ1個しか使っていないけど、クリーミーで柔らかい使用感。香りもとても良いです。
センセイシャより若干小さいけど、持ちは同じくらい?
ただ、乾燥肌の私には、冬場はちょっとつらいかな?夏場には丁度良い感じなので、夏用に保管中。

'09バリ島6日目 の壱

2010年02月06日 00:07

バリ島滞在も、残すところ僅かとなってきました。
今日の予定は、

私→『クイーンローズスパ&ヴィラ』でバリニーズマッサージ+αの体験(ランチ込みのロングコース♪)
旦那さん→チャンディダサ方面へ遠征

ん?
また別行動??


いいのか?
私たち、確か、、、アニバーサリー旅行のはず。
なのに、こんなに別行動して。。。

もしかして、

夫婦の危機!?


か、どうかはおいておいて。。。

ともかく、6日目。
私は、クイーンローズのお迎えの車に乗って、いざジンバランの高台へ!
なのですが…
カメラ、旦那さんが持っていったので、残念な事に、この日のクイーンローズのお写真がない!(またか!
でもでも、この日のスパを予約する前に、クイーンローズの帰国日プランの予約をしていたので、
また最終日、クイーンローズには行くから、その時ゆっくりレポすることにして、
今日は旦那さんの行動をレポ~

まずは、旦那さんの相棒をご紹介♪
09_10_8_23.jpg
どエライ苦労して同行させた【リリ2号】くん
「ろーどれーさー」っていう種類の子らしいです(私ははみんな同じに見える人種です。。。

今日はこのリリ2号と半日一緒
さて、どんな旅になりますか。

まずはバイパスを東(?)に向かってチャンディダサへ。
最近、バイパスがチャンディダサまで繋がったから、だいぶ近くなったそうです。
(とは言ってもチャンディダサまで直線で40Kmくらい?

アリラ・マンギスを越え、憧れのアマンキラを越え…道は続くよどこまでも~

で、まず、最初の目的地。
ココ↓

覚えてますか~?
去年も行ったんですよ
とは言っても、去年は車でしたが。

私の大好きな、センセイシャの工房。

そうなんです、旦那さん、愛する奥さんのために←ココ強調! 
工房まで石鹸を買いに行ってきてくれたんです。

リリ2号は、ある意味、このために同行させました。

ココで石鹸を10個位(以上だったっけ?)お買い上げ頂き、それを背負って更に

道は続くよ~どこまでもぉ~

と、リリ2号と旅を続けました。とさ。

'09バリ島5日目 の四

2010年02月05日 00:06

「Mama&Leon」と再会を果たし、満足してホテルに帰宅。
さあ、今日の夕飯は何を食べよう??

…お昼のナシチャン、消化不良だし…
バリに来て5日も経っているのに、パンチの効いたナシチャン、まだ食べていないし。。。

と言うことで、今日のディナーのテーマは、

ローカルなワルンに行こう!! 

でも、テーマは決まったけど、実際、どこに行く?
サヌール→スミニャックを歩いてきた旦那さんは、正直、今日はもう、あまり歩きたくないらしい。(当然!
二人で無い知恵を絞って考えた結果、
 「そうだっ!去年、シンヤさんが、連れて行ってくれようとして、
お休みだったワルンへ行こう!」

「なんだったら、去年連れて行ってもらった『ワルン・ジャワ』でも良いよね」
と、二人の意見が一致。
早速、バイパス目指してじゃらん・じゃらん。(やっぱり歩き。。。ベモもあるのにー

去年の記憶を頼りに、バイパスを行ったり来たりするけど…
無い!!
目印だったワルン・ワポ(KKN)もカユマニス・ホームステイの向かい側に移転しちゃったし、
確か、ココがワルン・ワポだったよね?というところには、ミニスーパーが出来ているし
周囲を見渡しても、それらしきワルンはない。

去年行きそびれたワルンだけじゃなく、ワルン・ジャワもどっか行ってしまったらしい

どうしようか…と、途方に暮れた私たちの前に、何となく美味しそうなワルンが。
ワルン(雑貨や)の軒先を借りているタイプのワルン。
ご主人は、ムスリム風のバパッ。なんかこざっぱりして、良い感じ。
うん、ココに決定!!
09_10_7_6.jpg

簡易式のテーブルにつくと、ご主人、一瞬ビックリしたような顔をしたけど、すぐにメニューを見せてくれました。
09_10_7_11.jpg
やすーい!!
でも、ナシチャンない。。。
ま、良いかっ!

ナシゴレンとナシゴレン・カンビン、それにアヤムゴレンをオーダー。
09_10_7_9.jpg
09_10_7_8.jpg
09_10_7_7.jpg
相変わらず、写真が下手でゴメンなさい!

美味しかったですよ
バリに来たーって実感しましたもの!
また来年も再会できたら、是非食べたいわぁ。

場所?
ジャラン・シンドゥからバイパスへ出たあたり。ってことは覚えているんですけど…
すみません。よく覚えてません

'09バリ島5日目 の参

2010年02月04日 00:02

ランチの後、再びショッピング。
日本でお留守番しているLilyanの為に、『dogs tail』でお洋服をお買い上げ。
今年は怪獣よー
09_10_7_13.jpg

気になったお店を物色しながら、本日の目的地『アンテロペ』へ。

前々からバリでレザーウェアを作ってみたいと思っていたのだけど、なかなか気に入ったお店に巡り会えず、
昨年、スミニャックを徘徊したとき&ネットでこのお店の存在を知って、今年こそ挑戦しよう!と決めていたのです。
(昨年はイドゥル・フィトゥリ休暇中でした

とは言うものの、いきなり来てオーダーするのは、言葉を含めて自信がない。
ので、
今は本当に便利な世の中ですよね~
日本で、事前にこちらのショップのオーナーさん(日本人の方)にメールで連絡を取らせて頂いて、
デザインの詳細等を打ち合わせしておいたんです
だから、この日は使用する革を選ぶのと、採寸のみ。
生憎、オーナーさんは出張中でお留守でしたが、打ち合わせが出来ていたので不安ナシ。

で、3日後、出来上がってきたのが↓コチラ。
09_10_7_5.jpg
ポンチョが欲しいとずっと探していたんだけど、結局巡り会えなかったので、
オーダーで作ってもらったお品。
カーキ色の表革をチョイス。ちなみにボタンと、ベルトのバックルは日本から持参。
しっかりした縫製と予想以上に柔らかい革で、来年はチュニックを作ろうか…と構想中。
コレでお値段Rp.1,800,000-でした

アンテロペを後にして向かった先は旦那さんが本日、デンパサール徘徊中に見つけてくれた『Mama&Leon』のファクトリー。
大好きなお店なのに、サヌールのお店が昨年なくなっていて、しかも、空港内のお店もなくって、
とっても哀しい思いをしていたので、とっても嬉しい発見!!
旦那さん、ス・テ・キ

旦那さん用のパンツと妹夫婦にT-シャツ、そして私用は…

09_10_7_12.jpg
派手??
でも、ピアノの演奏会とかには、映えそうでしょ??
コレ、シルクなのに、Rp.650,000だったのー

大好きなお店に再会できて、ステキなブラウスもGet出来て、とっても楽しいお買い物でした

'09バリ島5日目 の弐

2010年02月03日 00:15

不安な気持ちを抱えつつ、待つこと数十分(十数分?)
やっと旦那さんから
良かったー生きてた!
コレで一安心。と、旦那さんが到着するまで改めて、ビンタンスーパー隣のビーズ屋さんや、薬局などを物色。
バリのビーズって安いんだよね。。。
安いんだけど、玉石混淆、と言うか…日本で買うみたいに気軽に買えない。
ちゃんとチェックしなくちゃ。
そんなコトを思っていたら、なんか疲れてしまって、結局買わずにお店を後に。
そんなコトしているうちに、旦那さんもビンタンスーパーに到着。
結構お疲れのご様子。当然よね、、、サヌールからスミニャックまで、徒歩。。。普通やらないって!
どうやら、真っ直ぐスミニャックに来たのではなく、デンパサールを色々徘徊してきたらしい。

「喜びそうなお店、いっぱい見つけたよ
だって。それは楽しみ

旦那さんと合流したところで、ランチ。
どこかのワルンでナシチャンプルを食べたいところだったんだけど、
この時期、スミニャックの歩道は大規模な改修工事を行っていて、とにかく歩き難い!!
ただでさえ歩き難いのに、輪をかけてすさまじい事になっている。
歩道に大きな穴が開いているわ、土やコンクリートの塊は積み上がっているわ、
で、車道に出たなら、マナーの良いバリのドライバー、クラクションの嵐だし…ホント、疲れる。
こんな疲れる道、よく歩いてきたよね。。。と改めて、旦那さんに感心。

結局近場の『ワルン・オチャ』で手を打つことに。
欧米の旅行者に人気のワルン。前から興味、あったし♪

店内に入って、早速おかずを選ぼうとしたら、店員さんに「ブンクス?(持ち帰り)」と。
違うと答えたら、あっちと店内奥のテーブルを指さされた。
従って、テーブルに座ると、メニューが差し出され。。。

なんか違うような気がする…

と思いながらも、メニューからナシチャンプルをオーダー。
待つこと数分。とってもおとなしめに盛り付けられたナシチャンが。

うーーん。。。

味もとってもおとなしい。
なんかバリに居る気がしない!!
サンバルを頼むと

ガーーン!!!

そこらへんのスーパーで普通に売っているサンバルが出された。
多分、もう二度とここのワルンには行かないな。。。
(ファンの方、ゴメンなさい!!!

'09バリ島5日目 の壱

2010年02月02日 00:14

タンジュン・サリの朝。
アマンジヲもとってもステキだったけど、やっぱり定宿タンジュン・サリは落ち着くわ~
この日の朝食は、
09_10_7_1.jpg
旦那さんがフレッシュ・マンゴーと
09_10_7_2.jpg
ナシゴレン。
私はプレーン・オムレツとクロワッサン。+お決まりのフルーツヨーグルト。
09_10_7_3.jpg
クロワッサンの写真がないけど…ココのクロワッサンは、バターをたっぷり使っていてとっても美味
ファンが多いのも頷ける味です

今日の予定は…
夫婦別行動
私は『シエスタ』で、フェイシャルマッサージの体験。
その間旦那さんは、デンパサールの町を徘徊する予定。と。
お昼過ぎにスミニャックのビンタンスーパーで待ち合わせの約束をし、出発

と、その前に
09_10_7_4.jpg
分かるかなぁ?
タンジュン・サリのレセプション前に聳える椰子の木。
その木の上に…ガーデナー???
枝を切り落としているらしかったけど、あんなところまで、よく登った!
高所恐怖症の私には…絶対 ムリ!!

シエスタは…カメラを持っていくのを忘れてしまい
しかも記憶が曖昧になっているので…スミマセン。。。

昼過ぎ、予定通りビンタンスーパーに到着。
が、旦那さんの姿は見えず。
暫く、店内をウロウロ物色するも、待てど暮らせど旦那さんの姿は見えず。

もしかして…どっかでぶっ倒れている??
(実は旦那さん、この炎天下、サヌールからスミニャックまで、で移動するという、
馬鹿げた大胆な野望を抱いてたのです

ちょっと心配になっても、音沙汰なし。。。

うーーん、、、本当にどっかでぶっ倒れているかも??

'09バリ島4日目 の参

2010年02月01日 14:13

アマンをチェックアウトした後、再び『雷』さんのエスコートで、向かった先はジョグジャ市内のバティック工房。
工房に着いたとき、時間は16時を回っていたので、今日のロウケツ染めは既に終わっていたのかしら?
なんだか、閑散とした雰囲気。(画像が暗くてゴメンなさい。。。
09_10_6_17.jpg
それでも、見学客の私たちを見ると、快くロウケツの手順のデモを行ってくれました。
09_10_6_19.jpg
09_10_6_18.jpg
↑は、ジャワ・バティックの伝統的な柄の型だそうです。
模様の一つ一つに意味があって、『結婚式の時の柄』とか、『成人式(?)の柄』とか決まっているそうです。
09_10_6_20.jpg
コレは、ハンカチ(?)を染め上げて、干しているところ。

バティックとは『沢山の点』と言う意味があるそうで、
プリント(型押し)とコンビネーション(プリント+手書き)、手書きの3種類の中でも、
手書きが一番高価だそうです。
工房のお隣のショップで見せてもらったけど、素敵だなぁと思う柄は、ホントに高価で手が出ませんでした。。。

でも、折角来たのだから、と、私のサロン(パレオ)用にキレイな水色のお花のモダン柄のプリント・バティックと、
グリーンの花柄のプリント・バティック、その他、コンビネーションのテーブルクロスをお買い上げ。
本当は、バリ島のバティックとの違いを知りたかったんだけど、私の未熟な頭では、違いはまったく分かりませんでした。

実は私たちがバティック工房へ行った数日前、インドネシア・バティックが、ユネスコの無形文化遺産に登録されたらしく、その辺のイベントも期待してたのですが…何もなかったなぁ

バティック工房を後にして、今度はジョグジャの中心地『マリオボロ通り』へ。
夕方ともあって、道は凄い渋滞。『雷』さん、一生懸命抜け道を行ってくれるんだけど、それ以上に車が多い!
残念ながら、予定時間を大きくオーバーしてしまったので、マリオボロ通りは、
ほんのちょっとだけ寄った『マタハリ・デパート』以外は車窓からの見学となってしまいました。
09_10_6_21.jpg
↑ジョグジャのマタハリ。
バリのマタハリもなかなか賑やかだけど、こっちはもっと派手~
09_10_6_22.jpg
マタハリの中にいたマスコット。特に意味はなし。。。

その後、(旦那さんが)楽しみにしていたバッピア屋さんに寄ってもらい(2箱くらい買ってたぞ~)、空港へ。
車を停めると、どこからともなくまたまた白装束の男性が登場。
『雷』さんと別れの挨拶を交わし、選手交代。
空港に待機していた新たなアマンのスタッフさんがチェックインの手続きをしてくれている間、
私たちは手持ち無沙汰に、待合室で『ボーっッ』。

…どこまで徹底しているんだろう?
って言うか、私たちの為だけに、いったい何人のスタッフが時間を割いてくれているんだろう??
どこまでも凄いわぁアマン!

と、最後の最後まで感激しっぱなしだったジョグジャ&アマンの旅でした


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。