スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/20のツイートまとめ

2012年09月21日 03:22

azulilyan

Amankila 2012 No.1 画像8枚 http://t.co/0hb94l6I #fc2 http://t.co/oSgqX4RN
09-20 00:37

スポンサーサイト

Amankila 2012 No.1

2012年09月20日 00:37

一体何年、このお宿に片思いしてたかしら?
一昨年は恋い焦がれて、ランチだけ利用させて頂いたけど…正直、あの時は、こんなに早く想いが叶うとは思っていなかったわぁ

じゃじゃーん
マンギスのお宿Amankilaです!


こちらのお宿には今回3泊しました…が!
1泊目はチェックイン後直ぐにGunung Agungへ出発し、トレッキングをしていたので、実質2泊の利用となりました。
うん、やはり2泊は短い…
でも、何泊いても足りないんだろうなぁ、、、
いっそ住んじゃう?
いやいや、そんなお金ないし…

と、思わずブツブツ呟いてしまいましたが…


今回ご用意頂いたのは、こんな階段を登った

このお部屋!
ガーデンスイートをオーダーしていたのですが、オーシャンスイートにUGして下さいました
しかも、パブリックスペースに近いお部屋!流石Amanです!

で、このお部屋、多分2年前に見学させて頂いたお部屋なのよね。。。
もちろん偶然?

お部屋の中の写真も…と思ったら、全然撮ってないの
感激しすぎて撮るのを忘れたらしいです。
なので、お部屋以外、パブリックスペースの写真を。


ビーチのそばのプールバー。殆ど人がいなくて、貸し切り状態♪


夜のプールサイドのバレ。雰囲気あります。
今思うと、ココにディナーのセッティングをしてもらえば良かったな…




朝の風景。ホントどこ見ても絵になります。

その他、何となく憚られてお写真撮れなかったのだけど、ライブラリーとブティックは、滞在したAmanの中で一番センス良いと思いました。
GMが女性だからかな?GMのトレイシー氏もとってもステキな方でした。
お部屋のシャワールームとかもちょっとしたところにフックがあったりして、さりげない心配りがあると思いました

チェックイン後に届くGMからのプレゼントのお花

心憎い演出ですよね

帰り道、ドライバーに「どこのAmanが一番好きですか?」と聞かれて
「どこも一番!(タンジュン・サリもね♪)」
と答えたけど、、、
うん、こうして振り返っても、やっぱり一番なんて選べないわ~

09/18のツイートまとめ

2012年09月19日 03:21

azulilyan

この景色がクセになる!@谷川岳 西黒尾根 画像14枚 http://t.co/ZZZQ6wGq #fc2 http://t.co/629ZRBjq
09-18 01:37

夏の一日@八ヶ岳&明野 画像12枚 http://t.co/BpfJLKwp #fc2 http://t.co/CpzvoprQ
09-18 01:28

この景色がクセになる!@谷川岳 西黒尾根 画像14枚 http://t.co/ZZZQ6wGq #fc2 http://t.co/Ic1fnGXb
09-18 01:28

この景色がクセになる!@谷川岳 西黒尾根

2012年09月18日 01:27

最近、お山関係の話題ばかりですが…実際、ここの所、休日のお遊びは山ばかりなので…

で、今回は7月に予定しながら、尾瀬に変更となった谷川岳に行って来ました。
谷川岳は昨年初登頂して(と言っても昨年はトマの耳止り)今回2回目。コースは前回同様、西黒尾根。


出発前、ココで登山届けを提出します。天気なども一緒にチェックして出発~♪


入山後しばらくは、見晴らしの悪い森林地帯を歩きます。
日差しが遮られていて、日焼けの心配はないけど、湿度が高くて蒸し暑い!
斜面もなかなか急で、ちょっとうんざり。。。
こういう時、いつも思うんですよね…

どうしてこんなトコ来ちゃちゃんだろ?
何で山なんか登ってるんだろう?


って…

ホント、何で山なんか登るようになったんだろう??

そんな事を考えながらも足を進めるとやがて視界は開け青空が!


お待ちかねの稜線です!

時々ガスが掛かるけど、お天気は概ね良好!日頃の行いが良いからかしら?

「ラクダの背」や「ザンゲ岩」などと言う不思議な名前の場所など、この辺りからは、綺麗な景色が満載!
そして、数カ所の鎖場やがれ場の連続でスリル満点!







厳剛新道との合流点。私は確認しませんでしたが、このプレートの裏側は慰霊碑になっていたそうです…谷川岳、魔の山と呼ばれることもあるそうな…


歩いてきた尾根が遥か向こうに…
あんな細いところ、よく歩いてきたなぁ。。。


余裕かましてますが、、、ヘロヘロです


双耳峰が見えてきました!
「トマの耳 」「オキの耳」ってどういう意味?ってダンナさんに聞いたら、
「入口(とば口)」と「奥」っていう意味らしいよー
と調べてくれました。

ほう。では何故に「ザンゲ岩」?



そんな事を言っているうちに何とか一つ目の耳に到着!
前回はココで疲労困憊だったけど、今年はまだ余裕あり。アグン山、富士山のお陰?

次いで「谷川岳頂上」と記されたオキの耳も制覇♪


ただ、この辺から雲行きが怪しく…
あんなに良いお天気だったのに!

お昼ごはんを食べ終えたところでとうとう雨が。雨の中、大渋滞の天神尾根を下山し無事地上に到着~

さすが三大急登。ハードな山行でしたが、良い景色が見られて楽しかったです♪


ただ…筋肉痛は富士山の時より辛い
岩に張り付いたりしてたから。。。かしら??

09/15のツイートまとめ

2012年09月16日 03:22

azulilyan

夏の一日@八ヶ岳&明野 画像12枚 http://t.co/BpfJLKwp #fc2 http://t.co/f5yIS9mB
09-15 12:51

夏の一日@八ヶ岳&明野

2012年09月15日 12:51

8月のとあるある日、Lilyanと親戚の子のWりー(親戚の子もリーちゃん♪)を連れて、八ヶ岳へ行ってきました。
八ヶ岳と言っても、メインは川俣渓谷のショートトレッキング。
清里の有名スポット「清泉寮」脇からスタートです。
(こちらの「川俣渓谷への小径」のコースです♪)


渓谷なので、こんな川沿いを歩きます。
途中のような橋もあったり



所々足場の悪いところもありましたが、Wりー共に元気いっぱい!

橋の袂では記念撮影


山ごはんはお得意のペンネ


3時間くらい歩いて、清泉寮に戻りました。トレッキングの〆はもちろんソフトクリーム

その後はリーちゃんの希望で、サンメドウズへリフトを乗りに♪





夏のリフトなんて初めてでしたが、景色が良くて楽しかったです
しかもJ○Fカードでの割引もあってお得感も♪

しかもこちらのリフト、ワンコもOK!
もちろんLilyan、初リフトです!(と言うか…Wりーとも初?)



帰りはワンコOKのお店(カフェレストラン 睦)で冷やしほうとうを頂きました。
こちらも初めてのメニューだったけど、さっぱりしていて美味しい


順序が逆になってしまったけど…清里に行く前に明野のひまわり畑に寄りました。


一面のひまわりと…

ひまわりムスメ!


楽しい夏の一日でした!

日本一!@富士山

2012年09月12日 21:05

“今更”のネタではありますが…
今日、富士山に初冠雪、というニュースを聞いて、思い出しました。

富士山!

この夏も日本一の場所に行ってきました。
バリで一番高い所に行ったので、地元(?)の一番も抑えておかなきゃね!

今回で4回目。
そして、今回は始めての夜間登頂に挑戦!
ルートはコレも初めての富士宮口から。

20時頃出発し、登山口についたのは22時頃。
そこで暫く高度に体を慣らしていざ出発!

風もなく穏やかな天候。これはご来光も期待出来る?
眼下には街の灯りもくっきり。


比較的スムーズのはずが……
高度を上げるごとに吐き気が出現して、、
やっぱり富士山は一筋縄では行きませんね

休み休み登り続けましたが、結局ご来光には間に合わず

でも、9合5尺からご来光を拝めました。(なのに写真がない~何故なら、吐き気と闘うのに必死で写真を撮る気力がなかったから 涙)

…と思ったら、写真がありました!いつ撮ったのか覚えてないけど…(汗)
304544_305709429528238_939339487_n.jpg


お日様を浴びてちょっとだけ元気になったので、頑張って頂上まで行きましたよ!

頂上は稀に見る快晴!
アグン山も快晴だったし、今年はお天気に恵まれているな~



ほらっ!影富士もこんなにくっきり!

この頃には体が慣れてきたのか吐き気も収まり、初のお鉢巡りをしてきました。
今回は初めて尽しだわ~

そして!
日本で一番高い場所に到着~


お日様背負って、、、後光がさしてるみたい?

この後は、砂走りを通り、宝永山を経由して下山しました。



まるで火星みたいな風景でしょ?って、、、火星行った事ないけど

12時間以上を歩き続け、お昼すぎに富士宮口に下山。

振り返ると、さっきまでいた山頂がクッキリ!

辛かったけど、やはり富士山登頂は楽しいですね~
来年もまた挑戦するぞ~!


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。