スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNITED93

2006年12月04日 13:42

公開されたときから、興味があった作品。

確か、待ちに待ったバリ島旅行を4日後に控えていた日だった。
あの日、何気なく観ていた夜のニュースにその衝撃は飛び込んできた。
濛々と煙を上げるツイン・タワー。「何が起こったの?」と夫と話している最中に起こった惨劇。

『テロ』なんて、映画か、本の中でしか知らない言葉だった。
まさか、自分が生きているこの時に、こんな惨事が、しかも同じ人間の手によって繰り広げられるとは。

この作品は、ハイジャックされ、最後に墜落した『ユナイテッド93便』の、乗客の遺族の貴重な証言を基に作られたものだ。
作り話ではない、実際に起こっていたであろう出来事。
全ての人物像が淡々と、あるがままに描かれている。
派手なアクションもない。
誰が英雄でもなく、誰が悪役でもない。
全ての登場人物が、目の前の出来事をその人なりに捉え、
自分の思いに従って動いた。

よくある映画では、ラスト、乗客が無事テロリストから操縦桿を取り戻して、九死に一生を得るのだが、この作品はそんな終わり方をしない。
だって、それでは事実と異なるから。。。

レンタルのDVDにも付属している特典映像。
こちらも是非観て頂きたい。役者がどのような気持ちで役に挑み、
そして遺族がどのような思いで、この作品に協力したかが見られるから。

改めて色々なことを考えさせられる作品でした。



ユナイテッド93
発売日: 2006/11/30

発売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
販売元: ハピネット

監督(製作スタッフ): ポール・グリーングラス
出演者: シェエン・ジャクソン、ジョン・ロスマン、
クリスチャン・クレメンソン
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/157-c24ccf90
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。