スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と悪魔

2007年05月17日 16:27

久し振りに、本に夢中になってしまった。
あの「ダ・ヴィンチ・コード」のダン・ブラウン氏の作品『天使と悪魔』。
ダ・ヴィンチ・コードでも大活躍したラングドン教授シリーズの第1作目にあたる。

舞台は神の棲家、ヴァチカン市国。
しかも世紀のコンクラーベの直前。
敵の目的は?それより、敵の真の姿は?
たった数時間の出来事なのに、果てしなく長い時間が経過したようにも感じる。緊迫の連続。
この辺の時の流れ方はダ・ヴィンチ・コードと同類?(笑)
そして明かされる真実。
何が天使で、何が悪魔??

面白くて全3巻、一気に読破してしまった。
今日がお休みで良かった。。。(笑)
今回もラングドン教授の頭脳が冴え渡ります。
ホント、いろいろな事を良く知っている教授だこと…(笑)

ダ・ヴィンチ・コードに嵌った人なら、多分楽しめると思います!


天使と悪魔(上)¥619
天使と悪魔(中)¥619
天使と悪魔(下)¥619



ダ・ヴィンチ・コード(上)\579
ダ・ヴィンチ・コード(中)\579
ダ・ヴィンチ・コード(下)\579







スポンサーサイト


コメント

  1. 黒うさぎ | URL | -

    お久しぶりです。私も読みましたよ~これ。ダ・ヴィンチよりスピード感があって面白かった~。これも映画化ですよね・・・ヴァチカンの許可がおりたってことでしょうかねぇ?!絶対無理だと思ってたんですがっ!ちょっと楽しみです。

  2. AZUL | URL | -

    映画化するんですか?

    黒うさぎさん!
    ホントですか?知らなかったぁ。
    凄い楽しみっ!!
    ダン・ブラウン氏にちょっと嵌ってしまった私、
    『デセプション・ポイント』まで手を出してしまいました!
    でも、機内のお供にしようと、必死でガマンしています。

  3. ぱぴよん | URL | EmrzsFpY

    こっちが全然面白い

    私も「ダ・ヴィンチコード」よりこっちが全然面白いと思います。映画もロン&トムでほぼ決まりらしいし。
    こっちの方がキワドイ内容だとは思うんだけど、あくまで歴史否定ではないので、宗教原理的には問題ないってことなのかな?

  4. AZUL | URL | -

    ぱぴちゃん♪

    映画化、ちょっと驚きです!
    コンクラーべのシーンとか、映像で観られるなんて、楽しみ~
    その他、ヴァチカンの聖堂とか、、、
    ルーブルに通じる楽しみがありますよね♪
    ストーリもだけど、そっちの方に興味があったりして!(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/264-2a1669b6
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。