スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山挑戦。そして、敗れる。。。

2007年08月28日 23:23

早いもので、無謀な富士山挑戦から1週間が経ってしまった。
やっとのコトで筋肉痛からも開放されて…
結論から言うと、今回は登頂は叶わなかった。(涙)
でも、来年、リベンジする!と心に誓って下山してきた。

やはり、富士山は日本一のお山だった!

今回、富士登山のメンバーは男性3名、女性2名の計5名。
平均年齢31.5歳。上は38歳、下は21歳(!)のバラエティーに富んだ年齢層。私の歳は、、、上から2番目!ふん、どうせオバサンだよォォォ

22日朝7時。富士吉田口1合目に到着。
無謀にも、メンバー最高齢の旦那さんは1合目から登るんだそうだ。
嫌々付き添うは、丁度真ん中年齢のK君。
軽く朝御飯を食し(と言ってもコンビニおにぎり)、二人を残し、私たちはスカイラインを通って5合目へ。
9時に5合目をスタートし、約30分後6合目の安全センターで1合目から登ってきた二人と合流。
ここまでは良かった。標高は2000mを越えたといっても、特に標高の高さは感じない。ここまでの道中も、ホント、ハイキングと言った感じ。
写真を撮る余裕もあったし、友人にメールを送る余裕もあった。
眼下に広がる樹海の美しさを楽しむ余裕もあった。
「富士山って、こんなものか」
と、ちょっぴり楽観してしまったが、でもでもそこは…富士山!だった。

6合目からは風景が変わってくる。
「あ~火山なんだな」と思わせる荒涼とした風景が辺りに広がる。
ちょっとバトゥール山にも被る光景。(バトゥール山も火山です)
道も砂地に変わり、だんだん足取りが怪しくなってくる。
うん、滑るんだよね~何となく息も苦しくなってきた。
15分歩いて2.3分休憩、と言った感じで、歩き続けるのが困難になってくる。

1時間弱歩いたところで、7合目に到着。
山小屋で昼食を兼ねて、ちょっと長めに休憩を取る。
ここまではまずまずのペース。でも無理は禁物。
少し休むと、疲労は軽くなる感じはするけど、でも、歩き出すとまた直ぐ疲れる。足が重くなってきた。呼吸も乱れがち。

7合目からはかなり険しい岩場。文字通り、よじ登る!
岩場は結構好きだけど、疲れている体にはちょっと堪える。
山小屋に着くたびに休憩。15分登り続けるのすら困難になってきた。
うーん、、、やっぱり富士山を甘く見ていたかも!?
でも、最年少のRちゃん(21歳だっけ??)の足取りだけは軽いー!!
運動は何もしていないって言ってたけど、若さのせいか??

何となく雲行きが怪しくなる。風も出てきた。
天気予報で前線が通過するって言ってたけど…雨には降られたくないなぁ。

やっとのコトで、8合目到着
標高3020m。
ここまでくると、流石に苦しい。5分も歩くのは無理。
加えての砂利道。足が滑る!誰かの歌じゃないけど、3歩進んで2歩下がる。とそんな感じ。
でも、恐れていた高山病の兆しは今のところ誰にも見受けられない。とりあえず良かった。

ただ、段々と残り時間が微妙になってきた。
当初の私たちの目標は、17時までに頂上の山小屋に到達すること。
(山頂の山小屋のチェックイン時間が17時がリミットなので)
でもこの時点で14時半。あと2時間強で残り700m登るのは、ちょっと難しそう。とりあえず、次の本8合目まで登り、そこでどうするか考えることに。

15時半、本8合目到着。かなりツライ。この時点で標高3400m。
あと300mと思いながらも、その300mはかなりツライものだと想像できる。疲労度と時間的なこともあり、この日山頂まで到達は諦めて、本8合目の山小屋に泊まることに。
翌朝、体力と天候を見ながら、山頂に挑む!と言うことで、全員の意見が一致。(夜間登頂は今回は避ける。何故なら、皆初登山だから、無理はしない!と言う考えから)
雲が空一面に広がり、雨も丁度降り出す。ご来光、観られるかな?

翌朝、願い虚しく、雨空。当然ご来光は拝めず。
夜中もまるで嵐のような荒れ方だったから、覚悟はしていたけど…(涙)
うーん、、、、私、雨オンナだっけ??
とりあえず、5時に起床して朝食を摂りながら、このあとの日程を相談する。
が!ココで問題発生!
昨日一番元気だったRちゃんに、高山病様症状が!
嘔気・嘔吐に頭痛・悪寒と高山病症状のフルコース。辛そうで、可哀想。
少し休んで様子を見るも、一向に良くなる気配なし。
そうだよなぁ、高山病の一番の薬は、下山すること、だもんな。

天候も良くないし、無理して登って怪我などをするくらいなら、来年リベンジしよう!と全員の意見がすんなりまとまり、下山の途に着いたのだった。

でもでも、3400m地点までは何とか辿り着けたんだから、それはそれでスゴイと思う!と、自画自賛。(汗)

まとめ。
富士山は日本一のお山だった!

そして、、、

富士山って、面白い~♪♪また登るぞ~っ!!

来年、待っていてね☆富士山の神様!
あなた様にお目にかかるため、絶対頂上に辿り着きますから!
スポンサーサイト


コメント

  1. 真織@ご無沙汰しております~~ | URL | -

    富士山登山、ご苦労様でした~~~~。(私もいつか行ってみたいと思っているけど、多分、、、、、無理かも)富士山の五合目までも行った事が無い。。。。
    義弟は、毎年登っているのだけど、(と、妹から聞くだけですが)今年は、5年生の甥が初登頂。自分が行けなくても、ヨッシーだけでも、お願いしちゃおうかな?と思っていたけど、やっぱ、日本一の山だけあって、凄いハードなんですね。
    高山病、、、、恐るべしです。ね。

  2. AZUL | URL | -

    真織さん。

    こんばんは!
    ただいま、こちらは台風がスゴイです。

    で、富士山、なかなかハードでした!
    でも、楽しかったですよ~一度は経験すべし!?(笑)
    でも、富士山は遠くから眺める山だという意見も多々あり。。。私もそれにはちょっと賛成かな?(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/304-ca2d5997
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。