スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08バリ島滞在3日目、、、の続き☆

2008年10月05日 20:33

タマン・ウジュンの後は、お待ちかねの『センセイシャ工房』へ♪
色々な方のブログや、旅行会社のHP、それに現地の方からの情報をかき集めて、やっとの思いで大まかな場所を特定した石鹸工房。
ドライバーさんとガイドさんを悩ませながらも何とか辿り着きました!
この工房、看板とか出していないんですよね~
だから、何度も前を通り過ぎてしまいました。近所の人に教えてもらわなかったら、到着出来なかったかも?

しかーしっ!訪問した日は土曜日。しかもお昼時間。工房は休憩中(休日?)で、折角の石鹸作りの工程は見せてもらえませんでした。詰が甘かった。。。(涙)
石鹸売り場に直行は…嬉しいような哀しいような。。。

見学できなかったのはザンネンだったけど、見よっ!この品揃え。当然買い漁ってしまいましたわ~
但し、哀しいかな、お値段はサヌールの某お店と変わりませんでした。。。
RIMG0916.jpg
RIMG0917.jpg

RIMG0919.jpg
↑工房の門構えです。一般の邸宅と何ら変わりがない…

その後はお待ちかねのランチ。
予め「ローカル・ワルンで」とお願いしていたにも関わらず、連れて行ってくれたのは小奇麗なワルン。『レゴン』と言うお店でした。
「ツアーで行くのに、日本人にローカルなワルンなんてとんでもない!」って感じでしたわ。。。
RIMG0923.jpg
ふつーにナシチャンプルで良かったのに、「ここから選んで」と渡されたのはセットメニュー。
仕方なく『インドネシアン料理セットA』と『B』って感じのものをオーダーしました。
味は可もなく不可もなく。写真は…あまり上手く撮れていないからナシ!

ご飯の後は往路で前を通りかかって、すごく寄りたくなった『アリラ・マンギス』と『アマンキラ』。
両方ともとっても格調高いホテルで、私たちなど、とても宿泊出来ないから、せめて見学だけ。と、お願いしてみました。

たった今知ったんだけど、『アリラ・マンギス』は嘗ては『ザ・セライ』と言う名前だったのね。
ザ・セライは、初めてバリへ行く際に宿泊先としてタンジュン・サリと一緒に候補になったホテルでしたわ~
RIMG0941.jpg
アリラ・マンギスはしっとり落ち着いた佇まいの、とてもステキなホテルでした。
RIMG0942.jpg

RIMG0948.jpg
手入れの行き届いた芝生が気持ち良い~♪

『アマンキラ』はさすがっ!天下の!!って感じ。
ゆったりとここだけ違う…“アマン時間”とでもいうべき時間の流れる、ホテルでした。
いつかこのホテルに滞在出来るだけのステイタスとセンスを身につけたいわ。。。
RIMG0955.jpg

RIMG0958.jpg

両方のホテルともフル・ブッキングで、お部屋の中までは見せてもらえなかったけど、気分だけ味わえて満足☆でした。
スポンサーサイト


コメント

  1. レガーニャ | URL | PTRa1D3I

    No title

    お帰りなさい。

    綺麗な写真がたくさんで、見ているとすぐにでも
    行きたくなってしまいます。

    ナビはあまり活躍する場面はなかったですか?

  2. AZUL | URL | -

    No title

    こんばんは!です。
    バリの写真を観ると、ホント、すぐにでも飛んで行きたくなりますよね~
    私もレガーニャさんのお写真拝見すると、いても立ってもいられなくなります。

    で、ナビ、ですよね~
    結構活躍してくれたようです。(使っていたのは夫なので、詳細は…)
    旦那さんは、ナビを頼りにバリベーカリーまでチャリで遠征してました。南部のリゾートはまず問題ないみたいです。
    ただ細い小道までは把握仕切れなかったみたい?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/364-88e9e830
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。