スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'09バリ島3日目 の四

2010年01月27日 00:20

プランバナンを満喫した後は、いよいよ今宵のお宿、アマンジヲです

メインロビーに車を着ける前、一時ドライバーさんは車を停めます。

と首を傾げると、
「見て」
と、正面を指差します。
その先にあるもの。それがコレ↓
09_10_5_17.jpg
分かりますか?
真正面に、まるで絵が掛けられているように見えるボロブドゥール遺跡。
計算されてますよね。
アマンジヲで、一番有名な風景なのですが、事前リサーチをしていなかったので、とっても感動しちゃいました。

エントランスに車が着くと、即座にスタッフのお出迎え。
座り心地の良いソファーに案内されると、すぐにおしぼりとドリンクのサービス。
そしてGM自ら歓迎のご挨拶。
日本語が堪能なパーソナルマネージャーを介しての束の間のお喋り。
ココでの会話の内容が、どうも全スタッフに情報として行き渡るらしく…
ホント、ソフト面でのサービスが凄いんです。言葉じゃ言い表せないくらい。

ドライバーやPMといった、ゲストに直接関わるスタッフが、
ゲストがどんな滞在にしたいか?と言うことを、さりげなく、ごく自然にリサーチして、
その情報を、スタッフ皆で共有する。みたいな感じ。

事実、ディナーの前、館内をウロウロしながら、何となくライブラリーに行き着いて、
そこでやっぱり何となく、「明日、チェックアウトした後、どうしようか?」みたいなノリで、
PCを閲覧していたら、先のPMがふらりとライブラリーに現れて、
(多分、本当はふらり、じゃなくて、どこからか『AZUL夫妻がライブラリーに行ったぞ』くらいの情報が流れたと思われる)
すごくさりげなく
「何か調べ物ですか?」
って聞いてくるので、こちらもつい
「明日、どうしようかな?って。
折角だから、ジョグジャの町を観光したいけど、まったく調べてこなかったから」
なんて言いながら、適当にネットサーフィンしながら、
「んー、折角だから、バティック工房とかも見てみたいかも?」
「このページにあるお饅頭みたいなの(バッピアのコト)、食べてみたいな」
なんていう取り止めもない会話をしていただけど、多分逐一記憶しているんでしょうね。
翌日、ドライバーさんに全て情報が行っていました。
(バティック工房、行きますか?とか、
バッピア屋は空港行く前に寄ろうと思いますが良いですか?とか、
一言もドライバーに言っていないのに、全て筒抜け!笑)

ハード面が充実したホテルは山とあるけど、ソフト面がここまで充実しているホテルって、
なかなか無いと思う。。。

って言っても、そんな高級なホテル、泊まったコトないけど

でも、、、何となく、、、大きな声じゃ言えないけど、
嘗てのタンジュン・サリも、コレに近いサービス、あったよね。。。
最近は、めっきりカジュアルな路線になってきちゃったけど

と、つい熱く語ってしまって、長くなったので、続きは、次。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/438-3288868b
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。