スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'09バリ島3日目 の五

2010年01月28日 00:27

今回、私たちが利用したのは、『ガーデン・スイート』って言う、一番下のランクのお部屋です。

アマンの良いところって、眺望とかに違いはあるみたいだけど、
基本的に、お部屋の間取りとか広さには大差ないらしいので、一番安いお部屋でも、私たちには充分満足だし、
充分贅沢
(だって、この1泊分の料金で、タンジュン・サリ、3泊は出来るぞ

ん?お部屋の写真??
アマンジヲの施設の詳細は、皆さんのブログ等で結構紹介されているので、重複するから。。。無し!(笑)
(って単に、ご紹介出来る、画像がないだけなんですけど…

でも、折角だから、ボロブドゥールを望む、私のお気に入りの一枚を。(旦那さん撮影)
09_10_6_11.jpg


プランバナンをゆっくり散策してきたので、ホテルに着いたのは、14時過ぎ。15時近くだったかな?
お部屋に案内されて、チェックイン。
その際に、ディナーの予約(GMオススメの『ロマンティック・ディナー』なるものを予約してみました)と、
マッサージの予約をしました。
アマンジヲオススメの、早朝のボロブドゥールツアーは、
バリホテル.JPさんが、外部のツアー会社さんに手配して下さっていたので、
(残念ながら)アマンでのツアーは参加せず。

その旨を伝えると、凄いのよ、アマン。嫌な顔ひとつしないで
「朝、お迎えの時間とか、私の方で、もう一度確認しておきますね」って。太っ腹よねぇ。

たった一泊の短い滞在。
時間を少しでも有意義に。と言うことで、荷解きの後、早速私だけマッサージをお願いしました。
マッサージルームもあるようでしたが、お部屋がとても居心地が良かったので、お部屋で施術してもらうことに。
『ピジョット(Pijat traditional massage)』と言うジャワの伝統的なマッサージ。
セラピストは、私の予想に反して、年配のイブ。
とってもベテランの方だったようで、やや強めの指圧が心地よく、
60分があっという間に過ぎてしまう、至福の時を頂きました

その間、旦那さんはホテル内を徘徊
「レセプションのそばに、があったよ。レンタル用だよねー」
とか、
「アートルームがあったから、後で行ってみよう」
とか、
「凄い豪華なヴィラがあった。でも、誰か泊まっているみたいだから、見学出来ないね」
とか、
「プールサイドでディナーの準備してたよ。プライベートのダンスショーみたい。そんなオーダーも出来るんだね」
とか。
ホント、たった1時間でどんだけ情報取って来たの?って言うくらい、
いっぱい見聞してきてくれました

折角旦那さんがホテル内を徘徊してきてくれたので、
マッサージの後、ちょっとだけお散歩をしに、部屋を留守にしたのですが…
その間、多分15分くらい
お部屋に戻ってみて、ビックリ!!

お部屋の中が整っている~

シャワーで使用したタオル&手拭きのタオルが取り替えてあったり、
脱ぎ捨てた状態に近かった洋服が、ちゃんとハンガーに掛かっていたり、
ごみもすっかりなくなっている。

何時の間に

だって、お部屋を留守にしたの、ちょっとの間なんですよ。
特に誰かともすれ違わなかったし…
どこで、私たちの行動、チェックしてるんだろう??

アマン・スタッフって、もしかして、忍者!?
恐るべし、、、アマン・サービス。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/439-e299bbf5
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。