スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.BALI 第二日目

2005年09月19日 13:49

朝。自然に6時前に目覚める。
何故かバリに来ると、とっても早起きになる。
とは言え、日本では既に7時。いつもの起床時間と変わらない。
体内時計は日本時間のまま、と言うことか…(笑)
(そう言えば、バリにいると23時頃には眠くなってしまう。日本では0時。確かにいつもの就寝時間だ。汗)

カーテンを開けると、空が白んできている。夜明けだ。
寝ぼけ眼の夫を起こし、軽く身支度をして外へ出る。
滞在中毎日欠かすことのない、朝の散歩の時間。

ビーチ沿いの遊歩道をのんびりと歩くうちに、雲の合間から朝日が姿を現した。
サヌールの朝日

この日は波もなく、まるで静かな湖に朝日が映りこんでいる様な、そんな錯覚さえ覚える景色。
朝日を全身で浴び、澄んだ朝の空気を胸いっぱい吸い込み、すれ違う人たちと「お早う」の挨拶を交わしながら、30分ほど散歩を楽しむ。
日本にいたら、なかなか得ることが出来ないゆったりとした一時。

散歩から戻ったその足で、ホテルのダイニングで朝食を摂る。
この日の私の朝御飯は「bubur ayam(鶏粥)」とフルーツサラダ。
勿論、大好物のBali kopi(バリ・コーヒー)も忘れない。
夫は1年間恋焦がれていたホテル特製のデニッシュをオーダーした。

朝食が済んだ後は、部屋に戻り、本格的に身支度を整えて、いざビーチへ!
今日のお供は『アーサー王妃物語』。
先日キング・アーサーのDVDを観て、興味を覚えた人物。
本の内容としては、、、う~ん。。。(汗)

本を読みながら、眠くなったらちょっとお昼寝をして、体が火照ったらプールで涼を摂り、昼食はそのままビーチバーで。
途中、顔馴染みのマッサージおばさんと談笑などをするうちに、陽も傾いてきた。

今日のディナーはジンバラン・カフェの一つ、『海老壱』さんに予約を入れてある。
ホテルまでお迎えに来て貰い、ジンバランへ移動。

海老壱さんは昨年も訪問していて(実はディナークーポンを頂いていたからで、今年もまたディナークーポンを頂いたから…なのだが)味の方は納得済み!
美味しい上にまだ出来て間もない為、お店はキレイだし、日本語は通じるし、楽、なのよねぇ。
…そう言えば、このお店以外、バリ島で日本語の通じるお店は、行った事ないなぁ。

18時過ぎ、お店に到着。
車を降りると、支配人であるシンヤ氏が出迎えてくれた。
実はこの方、私達の旅行を担当して下さっている方の弟さん。
ご兄弟共にお世話になっています!(笑)

折角来たのだから、と、ロブスター400g程をオーダーする。
残念ながら生はSold out。冷凍物しか残っていなかったが、それでも美味であった。昨年より更に味付けが美味くなった!?

料理を待っている内に、陽はどんどん落ちていく。ジンバランの夕日1
生憎この日は雲が多く、完璧な夕日は望めなかったが、でも、海に沈む陽は息を呑むほど美しい。
ジンバランの夕日2←大盛況の海老壱サン。

陽がすっかり暮れ落ち、キャンドルの灯りが灯る頃、私達は帰路についた。
バリでの一日は、こうして終わったのだった。
スポンサーサイト


コメント

  1. エマ | URL | dS5vVngc

    ロブスター

    おかえりなさい~

    朝日も夕日も綺麗です・・・
    ロブスター、私もタイのプーケットでその場で調理してもらって食べましたが、おいしいですね!日本では食べたことないけど・・(笑)

  2. AZUL | URL | -

    あちらのロブスターは美味しいですよね♪ず~~っと前に行った、『ランカウイ島(マレーシア)』で食べたロブスターも美味しかった♪♪雰囲気もあるのでしょうか?(笑)

    海から昇る陽、沈む陽。本当にキレイで心が洗われます。この美しさ、何時までも変わらないでいて欲しいな。と、切に願ってしまいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/44-e737458f
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。