スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amanjiwoな出来事 2

2011年12月27日 20:23

実は…こう言うと、とっても生意気なヤツと思われてしまうかもしれないけど、
Amanの代名詞的なサービスのゲストの名前を覚えている、とか、
サイン不要、とかに関しては、あまり感動はなかったりするのです…
だって、定宿タンジュン・サリでは、
大体名前を覚えていてくれているので…

でも、そこに感動はなくても、
やはりAmanは凄いよなぁ…と感激したことをいくつか。

と言いつつ、実はあまり覚えていない
まあ、それ位さりげなく、ゲストに心地良さを提供出来るってコトが凄い!
と思うのです。

まずは、ジョグジャの空港についてすぐ。
飛行機を降りるなり登場した「Amanjiwo」のプレートを持った係員。
探すまでもなく、真っ直ぐ私の元へやってきた。
もしかしたら、私の方も無意識のうちに何かリアクションをとったのかもしれないけど、
事前に顔写真等チェックしてたんだろうなぁと。

その後は、他の方のレポ通り、ラウンジへ案内されて、
ホテルまでの行程を確認したり(私たちの場合、ジョグジャの市内観光をオーダーしていたので)、
荷物のピックアップが済むまで、のんびりと待つ。

観光中、ドライバーさんは、付かず離れずの微妙な距離を保つ。
約束の時間より、早くても遅くても、ちゃんとスタンバイ出来てる。

暑くて喉が乾いたなーと思うと、「ポカリもありますよ」って。

お部屋でも…例えば、ストックされている氷。
冷たいものが飲みたいなぁと思った時、
ちゃんと溶けていない氷がある。
要は外出している間に交換してくれているんだけど、
暑い外から戻ったら、冷たいものが飲みたいだろう…って、
ゲストの考えを先読みしてくれているの。
でもそれがあまりにさりげなくて

またお部屋に飾られているお花。
すごく良い香りのお花で…多分ジャスミンだと思うけど…

パッとみるとふつう~な感じ。
でもよく見て

一つ一つ小さなお花を針金でつなげているの!
これ相当な手間だと思うんです。

でもこの手間のお陰で、ぐったりした惨めな姿にならなくて、
ずっと楽しむことが出来ました

お花つながりでもう一個

お誕生日の夜、外出から戻ったら、
ジャスミンのカーテンが!

ベッドの周りにも


もう感激!です

あとから考えると、至れり尽くせり、凄いこと!だと思うのですが、
その時は単に「心地良さを」しか感じない。

「ゲストに緊張を与えないサービス」が出来るのが、
ホントに凄いと思うんです。

んー何かまとまらなくなってきたから、今日はココまで
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://azulpromenade.blog12.fc2.com/tb.php/626-386a89c3
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。